スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ビフィズス菌の種類と特徴

更新日:2017/05/11 公開日:2014/10/31

ビフィズス菌の効果と特徴

ヨーグルトなどに含まれていることでおなじみのビフィズス菌。おなかの調子を整えてくれる印象がありますが、その正体は一体どんなもので、どのような種類があるのでしょうか。ドクター監修の記事で詳しく解説します。

ヨーグルトや乳酸菌飲料の宣伝などでよく耳にする「ビフィズス菌」。一体どのような働きをもつ菌なのでしょうか。

ビフィズス菌とは?

ビフィズス菌は、乳酸菌の一種で腸の中に存在し、健康によい働きをする善玉菌に該当します。Bifidobacterium(ビフィドバクテリウム)属に属する細菌です。

乳酸を産生する乳酸菌の中で、ビフィズス菌が特に区別されているのは、他の菌とは明らかに違う特性を持っているため。乳酸菌の一種であることからわかるように、乳酸も産生しますが、同時に酢酸と呼ばれる物質も作り出すのです。酢酸には強い殺菌能力があり、悪玉菌の繁殖を防いで、腸内環境を整えます。

また、ビフィズス菌には酸素を嫌う偏性嫌気性という特徴があるため、酸素がほとんどない大腸内に主に存在しているのも、他の乳酸菌と異なる点です。

ただし、酸素を嫌うと言っても、ヨーグルトなど酸素に触れている乳製品の中で死滅するわけではありません。ほとんどのヨーグルトでは、ビフィズス菌とともに酸素があっても発酵する乳酸菌が使用されています。

この乳酸菌が発酵する事で、原料の牛乳の中を酸素のない状態に近づけ、ビフィズス菌の発酵に適した状態が作られています。また、市販のヨーグルトが入っている容器の多くには、酸素の透過性が低いものを使用するなどの工夫がなされています。

人間に棲む代表的なビフィズス菌とそれぞれの働き

ビフィズス菌は、現在32種類に分類されており、そのうち人間の体内で確認されているのは約10菌種です。その中でも代表的な菌とその特徴をご紹介します。

・ビフィダム菌
世界で初めて発見されたビフィズス菌。整腸作用や悪玉菌の増殖を抑制する作用の他、ビタミンB群の生成やコレステロールを吸収する働きが認められています。

・ロングム菌
多くのヨーグルトに使用されているビフィズス菌です。大腸まで届いて善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす働きに優れています。

・アドレスセンティス菌
主に成人の腸に棲んでいるビフィズス菌です。健康な腸内で働き、ビタミンを合成する働きがあります。

・ブレーベ菌
赤ちゃんの腸内のビフィズス菌の中でも多くを占めている菌で、特に抗アレルギー作用が高いといわれています。

人によって腸内に棲んでいるビフィズス菌の種類は異なり、どの菌が何種類いるかも、それぞれ、その人の腸内環境によって異なります。

今すぐ読みたい