ビフィズス菌が体に与える効果

更新日:2017/05/11 公開日:2014/10/31

ビフィズス菌の効果と特徴

ビフィズス菌の健康効果が注目されて久しくなります。整腸作用、感染からの防御、免疫調整作用、脂質代謝アップといった、ビフィズス菌が腸内環境を整えることによって得られる4つの効果について、ドクター監修の記事で解説します。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

ビフィズス菌は、私たちの腸内に存在し、さまざまな健康によい働きをしています。ここでは、ビフィズス菌の働きによって得られる健康効果を紹介します。

整腸作用(腸内環境改善作用)

ビフィズス菌が糖を分解する際に産出する乳酸・酢酸といった成分が、腸内の有害菌を抑制します。有害菌によって作られるアンモニアやインドールといった腐敗産物を減少させるため、腸内環境が改善されます。腸内の環境が整うと腸のぜん動運動が活発になり、下痢や便秘といった症状の改善にもつながります。

感染を防御する

ビフィズス菌が作り出す乳酸や酢酸などの有機酸が大腸内を酸性にします。そして、腸内細菌のバランスが改善されて、病原菌の感染を防ぐ効果が発揮されます。実際に、インフルエンザウイルスや、病原性大腸菌O157に対する感染防御作用が報告されています。また、ビフィズス菌には、インフルエンザや風邪のウイルスに対抗する働きのあるNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化する効果がある事も分かってきています。さらに、腸内細菌のバランスが改善される事によって、免疫細胞の働きが高まり、病原菌やウイルスが入ってきても感染症にかかりにくくなります。

免疫調節作用

人体の免疫細胞の60〜70%は腸に存在しています。ビフィズス菌が腸内細菌内の善玉菌の割合を優勢にし、腸内環境が整う事によって、腸の免疫力がアップする効果が見られます。免疫異常の症状であるアレルギー症状を改善してくれる他、発がん物質を分解してがん発症を抑制する効果がある事も知られています。

脂質代謝改善効果

ビフィズス菌を摂取することで、脂質代謝の値が改善されることも知られています。脂質代謝がスムーズにいかず中性脂肪やコレステロールが必要以上に蓄積されると、高脂血症となり、心筋梗塞や動脈硬化を引き起こすこともあります。

このように、健康維持にプラスの効果を生み出すビフィズス菌。私たちの腸内でとても大切な役割を担ってくれているのです。

今すぐ読みたい