失敗しないビフィズス菌サプリの選び方

更新日:2017/05/11 公開日:2014/10/31

ビフィズス菌の効果と特徴

最近は、ビフィズス菌入りのサプリメントもいろいろなメーカーから登場していて、どれを選んだらいいかわからないという方も多いのでは? 失敗しないビフィズス菌サプリの選び方について、ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

手軽にビフィズス菌を摂ることができるサプリメントが人気を集めていますが、あまりにもたくさんの商品が登場していて、どれを選べばいいのか困ってしまう…。そんな方に向けて、ビフィズス菌サプリの選び方を紹介します。

ビフィズス菌サプリメントの魅力

ビフィズス菌サプリメントがなぜいいのか、その魅力について解説します。

ビフィズス菌は年齢とともに減少

腸の中に棲む善玉菌の99.9%を占める重要な細菌であるビフィズス菌は、乳児の頃にもっとも多く、年を取るごとにどんどん減っていきます。さらに、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどが加わると腸内の悪玉菌が増え、ビフィズス菌の減少へとつながります。

ビフィズス菌入りの食品の誕生

ビフィズス菌は酸素(空気)や胃酸・胆汁などの酸に弱く、生きたままの状態で胃や小腸に届くことが難しい菌です。

そこでさまざまなメーカーが研究・開発を続け、酸素や酸に強いビフィズス菌の発見や加工技術を生み出し、ビフィズス菌入りのヨーグルトや乳酸菌飲料、サプリメントなどが誕生しました。

こうして、空気や胃酸に触れても死滅せず、生きたまま大腸まで届くビフィズス菌入りの食品を摂取することで、生きたビフィズス菌を大腸で増やすことができるようになったのです。

ビフィズス菌をサプリメントで摂るとよいわけ

食品として摂取するビフィズス菌は、数日~数か月間は腸に留まり、善玉菌として活躍してくれますが、いずれ排出されてしまいます。そのため、毎日コツコツと摂り続けることが大切になります。

もちろん、毎日一定量のヨーグルトや乳酸菌飲料で補う方法もありますが、もっと手軽に摂取したい、携帯していつでも摂れるようにしたいという方には、ビフィズス菌入りのサプリメントがおすすめです。乳製品が苦手という方にも向いています。

ビフィズス菌サプリメントはこう選ぶ!

ビフィズス菌サプリメントの選び方についてご紹介します。

生きたまま大腸まで届くビフィズス菌の種類をチェック

各メーカーが独自の研究・開発にて、酸素や酸に強く、生きたまま大腸まで到達できるビフィズス菌を発見し、サプリメントに活用しています。

現在、人間の腸内に存在することが確認されているビフィズス菌は約10種類ですが、その中のどの種類が自分の腸内に棲んでいるかは、人によって違います。サプリメントで摂取したビフィズス菌と、自分の腸に常在するビフィズス菌との相性もあるため、最低でも2週間は毎日飲み続けて、腸の調子がよくなるかなど確認しながら、自分と相性のいいビフィズス菌を探しましょう。

オリゴ糖や乳酸菌も一緒に摂取できるものを

オリゴ糖はビフィズス菌のエサとなります。また、乳酸菌は大腸でのビフィズス菌の働きを助ける働きがあります。このふたつも一緒に摂れるサプリメントを選ぶと、より効果が得られやすいと言えます。

ビフィズス菌の数をチェック

1包(粒・カプセル)にビフィズス菌がどれくらい入っているのかも、サプリメント選びの際のチェックポイントにしましょう。摂取したビフィズス菌は、一定期間は腸に留まりますが、その後排出されてしまうため、できるだけ多くの数を摂取できるに越したことはありません。長く飲み続ける必要があるため、コストパフォーマンスのよさにも注目して選びましょう。

飲みやすさや風味もチェック

自分にとって飲みやすい形状や風味かをチェックすることも、長く飲み続けるためには必要なポイントです。

添加物不使用の安全なものを

毎日続けて飲むものだけに、保存料や着色料などの添加物を使っていない安全性の高いものを選びましょう。

今すぐ読みたい