乳酸菌を多く含んだ食べ物

更新日:2016/12/09 公開日:2014/10/31

乳酸菌の効果と特徴

乳酸菌には整腸作用があるほか、インフルエンザやアレルギーにも効果が期待できるとして注目を集めています。では、どのような食べ物に乳酸菌が多く含まれているのでしょうか。ドクター監修の記事で詳しくお伝えします。

乳酸菌と言えばヨーグルトを思い浮かべがちですが、そのほかにもさまざまな食品に乳酸菌が含まれています。どのような食べ物に多く含まれるのか見てみましょう。

はっ酵乳が使われた動物性乳酸菌を含む食品

ヨーグルトやチーズといった動物性食品を発酵させる乳酸菌のことを動物性乳酸菌と呼びます。乳を、乳酸菌によって発酵させることで、旨味や風味が増すとともに、身体にもよい効果が期待できます。動物性乳酸菌を含む食品には、以下のようなものがあります。

●はっ酵乳(ヨーグルト)
日本の省令において「はっ酵乳」とは、乳(または乳と同等以上の無脂乳固形分を含む乳など)を、乳酸菌(または酵母)ではっ酵させ、糊状(または液状)にしたもの、または凍結したものと定義されています。
なお、無脂乳固形分(脂肪を除いた固形分)は乳と同じ8.0%以上、乳酸菌(または酵母)の数は1mlあたり1000万個以上と規定されています。
具体的には、
・ハードヨーグルト
・ソフトヨーグルト
・飲むヨーグルト
・フローズンヨーグルト
のことです。

●乳製品乳酸菌飲料
はっ酵乳に糖液や香料などを加えたもの。この中には生菌タイプ(生きた菌を使ったもの)と、殺菌タイプ(生きた菌は含まれない)があります。無脂乳固形分は3.0%以上、生菌タイプのものは乳酸菌(または酵母)の数は1mlあたり1000万個以上。

●乳酸菌飲料
こちらも、はっ酵乳に糖液や香料などを加えたものですが、無脂乳固形分は3.0%未満、乳酸菌(または酵母)の数は1mlあたり100万個以上とされています。

●ナチュラルチーズ
チーズには、ナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。生きた乳酸菌が含まれているのはナチュラルチーズで、「乳に乳酸菌や凝乳酵素を加えて固めたもの、またはそれを熟成させたもの」と定義されています。

●発酵バター
生クリームやバターを乳酸菌によって発酵させてから作るバターのこと。一般的なバターは発酵していませんが、一部メーカーによっては発酵バターにこだわって生産・販売しているところもあります。

植物性の食品を発酵させた植物性乳酸菌を含む食品

大豆や漬け物など植物性の食品を発酵させる乳酸菌のことを植物性乳酸菌と呼びます。日本では古くから調味料や加工食品に用いられてきました。植物性乳酸菌を含む食品には、以下のようなものがあります。

●漬け物
糠漬けや醤油漬け、塩漬け、味噌漬けなど、しっかり発酵させた漬け物には乳酸菌が豊富に含まれています。これは、素材にもともと付着している乳酸菌が、野菜などからしみだした糖分をエサにして乳酸を作りだし発酵するためです。

●味噌・醤油
味噌や醤油は、原料である大豆に麹や塩を混ぜ、乳酸菌による発酵によって作り出されます。一般的に販売されている商品は、出荷前の殺菌によって乳酸菌が死滅してしまうことが多いのですが、なかには生きたままの乳酸菌にこだわり直売を行なう蔵元もあるので、探してみてはいかがでしょう。

これらのほかに、キムチやザーサイ、ザワークラフト、ピクルスなど、世界各国の伝統的な料理の中にも乳酸菌は含まれています。