1526名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビのレーザー治療の種類と効果

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/28

この記事の監修ドクター

相澤皮フ科クリニック院長
相澤浩先生

こちらではニキビのレーザー治療に関する基礎知識を解説しています。

ニキビのレーザー治療の種類

ひとくちにレーザー治療といっても、ニキビの状態に応じて、さまざまなレーザー機器が使われています。ここでは、ニキビ治療に用いられるレーザーの種類とその効果などを解説します。

フラクショナルCO2レーザー

レーザーメスなどに用いられるCO2レーザーをマイクロドット状に照射するのが、フラクショナルCO2レーザーです。小さな点状の傷を広範囲につけることで、肌表面の再生を促します。へこんだニキビ跡に定期的に照射を行えば、凹凸を徐々に平らにし目立たなくさせることも可能です。

ロングパルスYAGレーザー

ピーリング効果、赤みを抑える効果、さらに除毛効果を持つレーザーです。ただ、その作用は非常に穏やかなので、肌の再生力が若干上がり、同時にニキビによる凹凸がやや改善される、といった程度に留まります。単独治療で目に見えるほどの効果が出るとは考えないほうがよいかもしれません。

CO2レーザー

別名で炭酸ガスレーザーとも呼び、皮膚を焼き切る作用を持っているため、手術の際にレーザーメスとして使われることもあります。ニキビに照射し、表面に小さい穴を開けて、そこから中の皮脂や膿を取り出します。初期段階の白ニキビの場合、このように内容物を排出することで治癒を早めることができます。

アレキサンドライトレーザー

本来は脱毛に用いるレーザーです。シェービングの際に皮膚を傷つけ、それがきっかけで角質の異常角化が発生し、ニキビができやすくなるというケースが多くあるため、予防措置としてレーザー脱毛することは、ニキビ予防における1つの選択肢と言えます。

レーザーによるニキビ治療は対症療法?

ここまで解説したように、各種レーザーには一定のニキビ治療効果がある反面、いずれも補助的な作用に留まるというのが実際のところです。ニキビの根本原因を除去できるわけではないので、あくまでも対症療法に過ぎません。

一時的な処置としては十分な効果を得られるケースもありますが、くりかえし発生するニキビを完全に治したいのであれば、別の治療法を併用する必要があります。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート