1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビを注射で治療する方法と効果

更新日:2017/08/07 公開日:2014/11/28

こちらでは注射によるニキビ治療について解説しています。

注射でニキビを治療する効果

皮膚科でのニキビ治療は軟膏などの塗り薬で行われるケースが多いですが、局所注射によるニキビ治療というのも存在します。

塗り続けて徐々に治療していく外用薬と異なり、注射治療には即効性があると言われています。しかし、注射治療は特定の症状を治療するものであり、すべてのニキビに効果を発揮するものではありません。自分のニキビの症状に合った注射治療を受けることが重要です。

皮膚科でのニキビ注射の種類と効果

大人ニキビに用いられる主な注射には3種類あります。ここでは、それらの薬剤について具体的な作用機序を解説します。

ケナコルト注射による炎症の抑制効果

ケナコルトは、アトピーなどの治療に用いられるステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)の一種です。ステロイドは免疫の過剰反応を抑制して炎症を急速に鎮める作用がありますので、赤く腫れたニキビを素早く治療するために役立ちます。

一時的に炎症を止める対症療法に過ぎませんが、ひどい炎症や痛みを抑えるために有効。炎症が悪化した時の一時しのぎとしては優秀な方法と言えるでしょう。ただ、ニキビが多発する肌質の方は、炎症が静まった後に根本治療についても考えたほうがよいかもしれません。

ヒアルロン酸注射はクレーター状のニキビ跡を埋める効果がある

美容外科で用いられる施術として知られているヒアルロン酸注射。ニキビ治療に用いる場合も使い方はまったく同じです。クレーター状、凹凸状に残ったニキビ痕に注射し、陥没した箇所を埋め、美容面の悩みを緩和する治療法になります。

ただ、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていくため、一時的な効果しか望むことはできません。むしろ、一時しのぎをくりかえすことで根本治療の機会を逸する恐れもあるため、それほどオススメできる方法ではありません。

プラセンタ注射は医学的な効果は立証されていない

美容皮膚科、美容外科の施術として知られるのがプラセンタ注射です。アンチエイジングのシワ消し効果、美肌効果、抗酸化作用などがうたわれており、近年、知名度を上げています。ただ、有効性に関する医学的根拠に乏しく、確かな効果が期待できるとは言い難いのが実情です。

ニキビの注射治療は、いずれもそのとき起こっている炎症やニキビ跡を緩和するための対症療法であり、ニキビの根本原因を取り除くものではありません。ニキビがくりかえし発生する方の場合は、根本治療を併用して肌質から治していくことをオススメします。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート