1484名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

皮膚科で処方されるニキビ薬(6)過酸化ベンゾイル製剤

更新日:2016/12/09 公開日:2014/11/28

この記事の監修ドクター

相澤皮フ科クリニック院長
相澤浩先生

こちらでは、ニキビ治療薬として知られる過酸化ベンゾイルの効果について解説しています。

過酸化ベンゾイルのニキビへの作用と効果

過酸化ベンゾイルというのは、別名をベンゾイル・パーオキシド(BPO)と呼び、アメリカで多用されているニキビ治療薬です。角質層を柔軟にするピーリング作用、皮脂を抑えて乾燥させる効果、さらにアクネ菌を強力に殺菌する作用を持っているのが特徴。

大人のニキビは、角質層が硬くなり柔軟性を失うことで、角栓による毛穴詰まりが起こりやすくなり発生します。過酸化ベンゾイルの働きで硬くなった角質を溶かすことにより、ニキビの発生機序を妨げることができ、ダイレクトにニキビを抑えることが可能。さらに、角栓を同時に溶かすので、ニキビの初期段階である微小面ぽうを除去する効果も期待でき、白ニキビや黒ニキビには高い効果が期待できます。

ただし、過酸化ベンゾイルは日本で認可されていないため、どこでも入手できるわけではありません。一部の皮膚科で、自費診療として処方が行われています。

使用の際の注意点

ニキビへの高い効果が期待できる過酸化ベンゾイルですが、過酸化ベンゾイルが理想的な薬品なのかというと、そういうわけでもありません。角質層を溶かすピーリング作用があるということは、肌に対する刺激が非常に強いということです。敏感肌の人が安易に用いると、かゆみ、腫れといった副作用が出る可能性があります。すでに炎症を起こしている赤ニキビの場合も、副作用により炎症が悪化する可能性があるため向きません。

また、皮脂を抑えて乾燥させる作用があるので、肌のバリア機能の低下を招きやすくなります。乾燥することで悪化する大人ニキビに対しては逆効果になる恐れもあります。長期連用すると、かえって肌の状態が悪化しかねないので、注意が必要な薬品といえます。利用する際には、必ず医師の診察を受け、医師の判断のもと処方してもらいましょう。国内未認可を理由に海外から個人輸入して使用するケースも見られますが、副作用も認められているため自己判断での使用は避けるべきでしょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート