3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ニキビケアの有効成分(4)ビタミンC誘導体

更新日:2016/12/09

こちらでは、ニキビ治療、予防に役立つ化粧品成分、ビタミンC誘導体について解説しています。

ビタミンC誘導体とは?

代表的な美肌成分として知られるビタミンCは正式名称をL-アスコルビン酸と呼び、メラニン色素抑制、活性酸素除去など、キレイな肌を維持するために役立つ作用を持っています。

しかしながら、ビタミンCを化粧品として用いる際、問題点があります。ビタミンCという成分自体が安定しておらず、水に溶かせば効果を失い、空気に触れても酸化して力を発揮しなくなる、という点です。また、ビタミンCは肌に吸収されにくい、刺激が強いといったこともあげられます。要するに、化粧品の成分としてはあまりにも使いにくいのです。

しかし、ビタミンC誘導体の登場で、この問題は克服されました。肌へ浸透してからビタミンCに変化する、という特徴を持っているため、問題なくビタミンCの効果を享受することができるのです。

ビタミンC誘導体の種類と効果

それでは、3種類存在するビタミンC誘導体について、それぞれの特徴を紹介します。

水溶性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンCには、リン酸アスコルビルマグネシウム、リン酸アスコルビルナトリウムなどの種類があります。特徴は即効性。塗ってから短時間でビタミンCが持つ美肌作用を発揮します。

ただし、濃度を高めると化粧品の使用感が悪くなる、皮脂分泌を過度に抑えてしまい乾燥肌を招く、といった欠点もあるので注意。特に乾燥はニキビの原因になるので、ニキビ治療を主眼に考えた場合、大きなデメリットとなります。

親油性ビタミンC誘導体

ビタミンCを乳化させ、クリーム、乳液に配合できるようにしたものです。即効性には劣りますが、肌の奥まで浸透しやすく、ターンオーバーの活性化を促す性質を持ちます。肌への刺激も少なく、乾燥肌の人でも安心して使えるのが特徴。

両性ビタミンC誘導体

水溶性ビタミンC誘導体にパルミチン酸を加え、親油性と水溶性、両方の特性を兼ね備えた状態にしたものです。

浸透力は水溶性のおよそ100倍とも言われ、乾燥、刺激といったデメリットがなくなっているのが特徴。さらに即効性も高く、コラーゲン合成の促進効果まで見られるなど非常に有用性の高いビタミンC誘導体です。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート