1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

お風呂で美肌効果!?炭酸浴とは

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

美容にも健康にも効果が期待できるとされる炭酸浴。具体的にどのような効果があるのか、また、水道水でのお風呂とどのような違いがあるのかを詳しく解説します。

炭酸風呂と水道水風呂の違い

炭酸浴とは、炭酸(二酸化炭素)が溶けたお湯に浸かることです。炭酸が皮膚を通して体内に吸収され、毛細血管が拡張することで、血行を促進する効果があります。古くからヨーロッパではこの炭酸ガスが高濃度で溶け込んだお湯の入浴効果が認められており、天然の炭酸泉を使った療養施設が多く存在してきました。日本には、天然の高濃度炭酸泉があまり存在しませんが、最近では人工的に高い濃度の炭酸泉を作る技術の開発が進み、美容だけでなく、医療やスポーツの世界でも活用が広まっています。

普通の水道水のお風呂と、炭酸泉のお風呂では、その作用は明らかに異なります。水道水のお風呂では、体温が上昇して心拍数が上がり、血圧が上がって、全身の血流が良くなります。しかし炭酸泉のお風呂では、二酸化炭素の吸収によって血管が拡張することにより、体温の上昇や発汗とは関係なく、つまり血圧を上昇させることなく血流を良くしてくれる効果があるのです。水道水での入浴と比べ、体への負担が少ない入浴だと言えます。

炭酸風呂で得られる美容効果とは

では、体に負担をかけず、血流アップが見込める炭酸浴には、どのような美容効果があるのでしょうか。

まず、水道水と比較した入浴の実験によれば、血圧を上げることなく全身の血流を促すので、じっくりと体が温まり、水道水の入浴に比べ湯冷めしにくいという結果が出ています。女性は体の冷えが気になる人が多いですが、この冷えは美容の大敵です。冷えて血流が悪くなると、新陳代謝が悪くなり、肌がくすむ、吹き出物ができやすくなる、目の下にクマができるなどのトラブルが起きやすくなりますが、炭酸泉の入浴で冷えから守ることで、こうしたトラブル予防につながります。

また、炭酸泉は肌に優しいというのもうれしいポイントです。熱いお風呂に入って温まった皮膚からは、入浴後どんどん水分が逃げていき、すぐに保湿しないとかえって乾燥することになります。しかし炭酸浴の場合は、それほど熱いお湯に浸からなくても、血流が良くなるため、こうした悩みからは解放されます。

さらに、炭酸には皮脂などタンパク質汚れになじみやすい性質があるため、毛穴の汚れをしっかり落としてくれる効果が期待できます。

自宅のお風呂を炭酸泉にする装置も発売されており、人工炭酸泉を備えた温泉施設やスパ、スポーツ施設なども増えています。健康・美容の両面でさまざまな効果が期待できる炭酸風呂は、今後ますます広がりをみせるでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート