1429名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

炭酸入浴剤の効果と選び方

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

美容との関係が深いことで知られる入浴。そして、その美容効果に注目が集まる炭酸。自宅のお風呂で、この2つか組み合わさった炭酸入浴が気軽に楽しめるとうれしいですよね。ここでは、市販されている炭酸入浴剤について、その概要や効果を解説します。

炭酸入浴剤とは

入浴剤には、保温や保湿を目的としたもの、アロマによるリラックス効果を目的としたものなどさまざまなタイプがありますが、炭酸入浴剤は、医療の分野でも高血圧や動脈硬化、ケガの症状改善などにも活用されている炭酸泉の効能に着目して開発された、血流を促すことを目的としたものです。主に錠剤や粒状、タブレットの状態で販売されています。

浴槽に投入するとシュワシュワと出る泡が炭酸ガス。この泡が消えたら炭酸が水に溶けた合図です。入浴剤によっては、溶けてから2時間程度は炭酸がしっかり溶け込んでおり、炭酸の効果を得ることができます。

炭酸入浴剤に期待できる効果

こうした入浴剤は、炭酸ガスの血管拡張効果を得ることを主な目的にしています。お湯に溶けた炭酸ガス(二酸化炭素)が皮膚から吸収されて体内に蓄積すると、体が二酸化炭素を異物とみなし、酸素を吸収しようと毛細血管が広がります。血管が広がることで血流が良くなります。また、温かいお湯に入っているので、体表面の熱が、改善された血流によって全身へと運ばれ、身体の芯まで温まります。そうした結果、全身の新陳代謝が促進され、疲れや肩こり、冷え症などの改善、肌のターンオーバーの正常化といった効果が期待できるのです。

また炭酸には、皮脂や角質などのタンパク汚れを吸着し、浮かせて取りのぞくという清浄効果も期待できます。全身の毛穴の汚れをやさしく落としてくれるのも、入浴剤のうれしい効果です。

炭酸入浴剤の選び方

炭酸浴の血行促進効果は、炭酸の濃度が高いほど効果も大きいことが分かっています。実際に医療やスポーツの世界で使われている、いわゆる「高濃度炭酸泉」は1000pp以上の濃度を持った炭酸泉のことを指しますが、自宅で炭酸入浴剤を使ってここまでの濃度を得るのは、なかなか難しいでしょう。とは言え、1000ppに満たないからといって、効果が無いというわけではありません。「高濃度」と表記された、炭酸ガスの濃度がなるべく高いものを選ぶことで、ある程度の効果が期待できます。自分の好みの香りの入浴剤を選んで、バスタイムを楽しみましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート