脂肪燃焼系ダイエット成分「ピルビン酸」

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/26

脂肪燃焼系サプリメント成分

有酸素運動の前に摂取することで、脂肪燃焼効果を高める働きを持つピルビン酸。ここではピルビン酸の脂肪燃焼効果について、医師の監修のもと、詳しくご紹介します。

有酸素運動の効果を上げる成分として人気のピルビン酸。ここでは、ピルビン酸がもたらす脂肪燃焼効果について詳しくご紹介します。

脂肪の燃焼を促進するピルビン酸

ピルビン酸は、有酸素運動を行う前に摂取することが推奨されている成分のひとつ。日本ではあまりメジャーな存在とはいえませんが、アメリカではオリンピック委員会がオリンピックに出場するレベルの選手たちに、摂取を推奨している成分でもあります。

ピルビン酸の一番の特徴は、脂肪燃焼の始まるスピードの速さ。通常、有酸素運動は始めてから脂肪の燃焼が始まるまで一定の時間を要するものですが、ピルビン酸を摂取することによって脂肪の燃焼速度が有酸素運動を開始した直後から始まり、脂肪の消費率も1.5倍程度高くなるといわれているのです。

有酸素運動を取り入れたダイエットを考えている方は、脂肪の燃焼を効率的に行なうためにも、積極的に摂取したい成分と言えるでしょう。

体内燃焼システムの要となるピルビン酸

ピルビン酸はエネルギーを作り出す、TCAサイクル(tricarboxylic acid cycle)にも深い関わりのある成分といわれています。TCAサイクルとは、ノーベル医学生理学賞を受賞したクレブス博士によって発見された生命がエネルギーを作り出すための体内燃焼システムのことです。

食事によって摂取された三大栄養素、炭水化物、タンパク質、脂質はブドウ糖やアミノ酸、グリセロールなどに分解されて、細胞内に入り、アセチルCoAという物質に変換されて、TCAサイクル内へと入れられます。TCAサイクル内に入ると有機酸に変化しながらサイクル内を回り、ATPというエネルギーが作られていきます。このTCAサイクルが正常に機能することで、生命活動に必要なエネルギーを作り出すことができるのです。

TCAサイクルを正常に機能させるための材料を作り出すのが、ピルビン酸の役割です。ピルビン酸がTCAサイクルに深い係わり合いがあり、体内燃焼システムを円滑に機能させるために欠かすことのできない成分といわれるのはこのためです。

また、TCAサイクルがスムーズに回らなくなると、栄養素をアセチルCoAに変換し、TCAサイクルの材料を生み出しているピルビン酸は無酸素状態で分解を始め、乳酸を生成し、アセチルCoAは脂肪を合成し始めてしまいます。つまり、脂肪を増やし疲労感を溜めてしまうのです。TCAサイクルを円滑に回すためには、栄養素の偏りや過剰摂取を防ぎ、サイクルを正常に機能させるためのサポート役として必要不可欠なビタミンB群を不足させないように摂取する必要があります。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!