5232名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

薄毛の原因と育毛ケア方法まとめ!育毛剤は効果あるの?

更新日:2016/12/15

一口に育毛と言っても、その方法はさまざまです。髪の状態とライフスタイルに合った育毛ケアで、薄毛対策を試みましょう。ここでは、様々な薄毛の原因とその予防を目的とした育毛ケアについて、ドクター監修の記事で解説します。

日本人の成人男性のうち3人に1人が悩んでいる?

皆さんは、髪の毛にも寿命があることをご存知ですか?髪の寿命は4~6年と言われ、ある程度成長すると自然と抜け落ち、また新しく生えてくるという「ヘアサイクル」を繰り返しています。

決して、今生えている髪が抜けたら、そのまま減っていくというものではありません。むしろ、1日に50〜100本ほどの髪が抜けたとしても、それは正常です。

育毛のサイクルはどれくらい?

毛髪が生えてきてから、一般的に2〜6年くらいは成長期が続いて太く、長く伸び続けます。その後、退行期になると伸びが止まり、徐々に毛根が退化します。そして、2週間ほどの退行期を終えると、休止期に入って脱毛するのです。休止期は3〜4か月ほど続き、その後、また新しい毛髪が生えてきて成長期を迎えます。この一連の流れをヘアサイクルと呼びます。

薄毛になる方は、男性ホルモン、ストレス、生活習慣などの要因でヘアサイクルが乱れ、髪の毛が成長しないうちに退行期、休止期を迎えて脱毛してしまいます。その結果、産毛のような細い毛だけが残り、黒々とした頭髪が失われていくのです。

つまり、育毛というのは、薄毛の原因を取り除いて、ヘアサイクルを正常化することを意味しているのです。

薄毛の種類

薄毛は、どこからどんな風に始まるかによって、大きく分けると3つのタイプに分類できます。

M型・O型

額の両脇から生え際がM字のように後退していくM型、頭頂部の辺りから徐々に円のように薄くなっていくO型、M型とO型が合わさった複合型などがあります。男性に多く見られる薄毛のタイプで、「男性型脱毛症」と呼ばれています。

びまん型

特定の部位だけでなく、頭部全体の毛髪がまばらになっていくタイプです。女性にも多く見られるもので、男性の場合は原因がはっきり特定できていません。脱毛を招く病気の存在や、薬剤などの影響も考えられます。

円形脱毛症

髪が一部だけが突然ごっそりと抜け落ち、円形や楕円形の脱毛部ができるタイプです。免疫機能の異常や、精神的ストレスによる自律神経の乱れなどが原因だと言われています。

薄毛の主な原因とは

薄毛の原因には、遺伝性から生活習慣によるものまで、さまざまなものがあります。

男性ホルモン

年齢と共に薄毛が進行するのは、基本的に男性です。これは、男性ホルモンが薄毛を進行させる働きを持っているから。正確には、男性ホルモンの一種であるテストステロンがリダクターゼという物質の作用でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わってしまうことが原因です。DHTには抜け毛を促進させる働きがあるため、毛髪が成長できなくなってしまいます。

遺伝

やはり、遺伝的素因は大きく影響します。上述した男性ホルモンの影響に関連するのですが、実は頭髪が男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかという部分が遺伝によって決まっているのです。なので、男性ホルモンの影響を受けやすい(=薄毛になりやすい)という傾向は遺伝すると言えます。ただし、遺伝だけで100%すべてが決まるわけではないため、両親、祖父に薄毛の方が多いとしても、諦める必要はありません。

ストレス

強いストレスを受けると、ホルモンバランスが男性ホルモン優位に傾きやすくなり、自律神経のうち緊張時に活性化する交感神経が優位になってしまいます。この状態だと血流悪化が起こりやすくなり、毛根の栄養状態が悪化して薄毛リスクが高まってしまうのです。ストレスで薄毛になるというのは迷信ではありません。

偏った食事

髪は、主に18種類のアミノ酸から成る「ケラチン」というタンパク質で形成されています。そして、このケラチンの合成には、ミネラルが欠かせません。中でも、亜鉛、鉄、ビタミン(特にビタミンB6、B2、C)が、髪の生成に特に必要なミネラルといわれています。バランスのよい食生活を前提に、このような栄養素を意識的に摂取するよう心がけましょう。

睡眠不足

髪や皮膚の成長を司る「成長ホルモン」は、寝ている間に分泌されます。そのため、睡眠不足は髪の成長を抑制してしまう要因になると考えられています。また、成長ホルモンがもっとも多く分泌されるのは午後10~午前2時の間です。このタイミングで睡眠し、深く質のよい眠りを保つことも大切と言えます。

まちがった洗髪方法

洗髪は正しい方法で行わないと、頭皮と髪にダメージを与える可能性があります。特に、力をこめてゴシゴシこすったり、爪をたてて洗うというような行為は抜け毛を引き起こす要因となるため、絶対にしないようにしてください。また、シャンプーのすすぎ残しもダメージとなるため、すすぎは念入りに行いましょう。

過度の飲酒

アルコールの分解にはアミノ酸が使用され、また、血中の酸素や栄養素もアルコールにより吸収されてしまいます。よって、過度の飲酒は髪の生成に必要な栄養素を不足させる要因になると考えられています。

タバコ

タバコに含まれるニコチンやタールは抹消血管を収縮させるため、血流の悪化を招きます。また、一酸化炭素はヘモグロビンと結びつき、酸素の供給を妨げます。ヘモグロビンとは、血液中の酸素と結びついて体のすみずみに運ぶ働きをする物質なのですが、一酸化炭素はその何百倍もの強さで結びつき、酸素の供給を妨げてしまうのです。

運動不足

血液は心臓から送られますが、抹消部位に行くにつれてその勢いは衰えていきます。そのため、血液を体のすみずみにまで行きわたらせるには、その部位の筋肉の働きが必要というわけです。運動不足は筋肉を衰えさせるため、毛根や毛髪の栄養不足を招くと考えられています。

このように、メカニズムから見ると、不健康な生活による体内機能の低下は、髪にも悪影響を及ぼす可能性が十分にあると考えられます。そのため、髪を正常に成長させるには、そもそも体を丈夫に保つことが肝心であると言えます。

育毛剤の効果

スーパーやドラッグストアなどで多くの育毛剤が市販されていることからもわかるとおり、もっともポピュラーな育毛方法と言えます。過剰な皮脂分泌を抑えて頭皮の健康を保つ製品や、血行を良くして髪が生えやすくなるようサポートするものなど、製品ごとにアプローチ方法はさまざまです。育毛剤の効果については、以下になります。

血行促進

育毛剤に含まれる代表的成分の1つに、血行促進剤があげられます。髪の毛が生えるためには、毛根にある毛母細胞が分裂し、増殖を繰り返していく必要があります。しかし、薄毛が進行している方の頭皮では毛細血管の機能が低下しており、毛母細胞が分裂するために必要な血液供給が不充分になっているのです。

そこで、育毛ケアにあたっては毛細血管の拡張、血流の改善を行い、毛根への血液供給を促進しなければなりません。血液が供給されていれば、毛根への栄養補給はもちろん、老廃物を除去することにも繋がるため、毛母細胞が活発に分裂するようになるのです。

この血行促進作用を持つ成分としてはミノキシジル、塩化カルプロニウム、トコフェロール(ビタミンE)、センブリエキスなどが知られています。

男性ホルモン拮抗作用、リダクターゼ阻害作用

一部の例外を除けば、壮年期の脱毛症は基本的に男性特有の悩みです。このことからも、薄毛の主な原因に男性ホルモンがあるとされています。具体的には、男性ホルモンの一種&テストステロンが、細胞内のリダクターゼという物質によってジヒドロテストステロン(DHT)へと変換されることが根本原因になります。

そこで、女性ホルモン様作用の成分によって男性ホルモンと拮抗させる、あるいはリダクターゼの生成を阻害してジヒドロテストステロンの発生を抑えるといった方法で育毛ケアを行うことが可能になります。

男性ホルモン拮抗作用を持つ成分としてはスピロノラクトンやホップエキス、5αリダクターゼ阻害作用を持つ育毛成分としてはフィナステリド、エストラジオールなどが有名です。

栄養補給

髪の毛の成長を促すためには、毛母細胞への栄養補給が不可欠です。髪の毛も体で作られる組織の一部ですから、充分な栄養が必要なのは自明といえます。実際、ビタミン類が極端に不足すると脱毛が発生しますので、栄養不足が薄毛の原因になる可能性があります。

このような理由から、ビタミンなどの栄養、毛母細胞の状態を整える生薬成分などを配合した育毛剤が多く存在しています。代表成分としては、ビタミンA、ビタミンB類、ミネラル、オウゴンエキス、オトギリソウエキスなどが知られています。

育毛剤の種類とおすすめのタイプ

・男性ホルモン(リダクターゼ)を抑制するタイプ

薄毛家系の方におすすめです。

・頭皮の血行を促進するタイプ

喫煙の習慣がある方、運動不足の方におすすめです。

・頭皮や毛根に栄養を与えるタイプ

食生活の乱れが気になる方におすすめです。

・頭皮の皮脂抑制、汚れ・老廃物を除去するタイプ

頭皮の脂が気になる方におすすめです。

・毛母細胞を活性化するタイプ

髪が細くなってきた方におすすめです。

育毛シャンプーの効果

選び方

育毛シャンプーは、は配合成分で選ぶと良いでしょう。

・高級アルコール系

もっとも一般的な種類のシャンプーです。洗浄力が強いですが、刺激も強いといった特徴を持っています。

・セッケン系

もっともシンプルなタイプのシャンプーです。洗浄力は高いですが、頭皮へのダメージは小さいのが特徴です。ただし、洗い上がりがパサパサなので、毛髪のキューティクルを痛める可能性があります。

・アミノ酸系

天然成分配合の、頭皮にやさしいシャンプーです。刺激は弱いですが、防腐剤があまり入っていないため腐りやすいのが難点です。

頭皮や毛髪のことを考えるのであれば、やはりアミノ酸系のシャンプーを選ぶのがベストと言えます。ただし、アミノ酸系には防腐剤などの添加物を使用していないものが多いため、シャンプーの腐敗や雑菌の混入に注意が必要です。

正しいシャンプーの仕方

薄毛をケアするためには、シャンプーの仕方にも気を配る必要があります。薄毛を予防する正しいシャンプー方法は、以下のとおりです。

(1)ブラッシングする(汚れを落とす)

(2)しっかりとお湯で洗い流す

(3)シャンプーを手のひらで泡立てる(泡立てネットを使用するのがおすすめ)

(4)指の腹で、髪だけでなく頭皮もしっかりと洗う(爪を立てないようにしましょう)

(5)シャンプーが残らないようにしっかりとすすぐ

(6)頭皮用コンディショナー以外は頭皮につけないように注意する

(7)コンディショナーはぬめりがとれるまでしっかりと落とす

(8)タオルで髪を押さえるようにし、水分を取り除く(強くゴシゴシこすらないようにしましょう)

(9)ドライヤーで少し湿気が残る程度まで乾かす

正しいケアが健康な毛髪を守ることはまちがいありません。薄毛を予防するためにも、適切なケアを心がけましょう。

正しい頭皮マッサージのすすめ

可能なら、入浴中、入浴直後など、血流が促進されているタイミングに頭皮マッサージを実施すると、より育毛効果が得られると言われています。

(1)まず、耳の上からこめかみにかけて、親指を除く4本の指を押し当てます。その状態で、指を滑らせず、円を描くように頭皮を動かしてください。爪を立てると頭皮が傷ついてしまいますから、指の腹を使うようにしましょう。

(2)その後、指の位置を若干上に移動させて、同様にマッサージを続けます。そのまま、少しずつ上へ上へと移動しながらマッサージを続けてください。心臓より上にある頭の場合、血流は下から上です。その流れに合わせ、下から上にマッサージしていくことが大切です。

(3)最後に、指の腹で頭皮全体を指圧するようにマッサージしてください。頭皮を圧迫し、その後に指を離す…という繰り返しです。

以上のマッサージを1日5分程度行うと、頭皮の血流がどんどん良くなっていきます。ただし、強くマッサージをしすぎたり、長時間にわたって指圧すると逆に頭皮表面を傷つける恐れもあるので、適度な力加減で1日5分程度を守るようにしてください。

また、多くの育毛剤には頭皮の血流を改善する成分が含まれていますので、マッサージの際に育毛剤を使用し、育毛剤を馴染ませながら同時にマッサージする…という方法を採ると、相乗効果を得やすいでしょう。

育毛に効果的な頭皮のツボ

マッサージの際に頭皮のツボを刺激することで、さらに高い効果を得られる可能性があります。頭皮マッサージと相性の良いツボを紹介します。

百会(ひゃくえ)

頭頂部に存在するツボです。ここを指圧すると、頭皮の代謝が促進される上、ストレスによる自律神経の乱れが軽減されると言われており、薄毛の改善に一定の効果をもたらしてくれる可能性が期待できそうです。

角孫(かくそん)

両耳の真上、髪の毛の生え際にあたるツボです。頭皮の血行を促進してくれる効果があるので、血流改善を目的としたマッサージには是非、取り入れたいところです。

育毛サロンとはどんなところ?

頭皮環境の改善、血行促進など、基本的には育毛剤と同じ効果がある施術を集中的に実施して、髪が生えやすいようにサポートしていくことが主眼となります。サロン独自の育毛方法を持つところが多く、専門家からのアドバイスを受けられるというメリットがあります。ただし、サロンの開業に医師免許、公的機関の許認可などは不要なので、いわゆる悪徳商法が蔓延しやすいのも実情です。育毛サロンを検討する際は、そのサロンについてしっかり確認することをおすすめします。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート