5232名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

内からのアプローチも大切!育毛に効果的な食事

更新日:2016/12/15

こちらでは、育毛と食事の関連性について解説しています。

育毛と食事の密接な関係

髪の毛というのも身体の一部ですから、食事で取り入れた栄養から作られています。ですから、食事の栄養バランスに気を遣うことは、育毛における必須要件の1つとされています。

ただ、世間でいわれている“育毛には海藻を食べるとよい”といった情報だけを盲信するのは考え物。もちろん、海藻にはミネラルをはじめ、必要な栄養素が多く含まれていますので、適度に摂取することは育毛・健康の双方に役立つでしょう。

しかし、毛髪の主成分は9割を占めているケラチンというタンパク質。まずは、良質なタンパク質を摂取することが何より重要です。体内に摂取したタンパク質はアミノ酸レベルに分解されて吸収されるのですが、アミノ酸のうち必須アミノ酸と呼ばれる種類は体内で合成することができません。この必須アミノ酸をきっちりと摂取することが、毛髪を含め、良質なタンパク質を合成するために必要です。

特に男性ホルモンの働きを抑えて抜け毛を防いでくれる必須アミノ酸、 L-リジンは育毛を考える上で非常に重要なアミノ酸といえます。

こうしたアミノ酸を効率的に摂取するためには、大豆、低脂肪の赤身肉、魚介類、乳製品などを積極的にとり入れることが大切です。

育毛に役立つ栄養素

アミノ酸以外にも育毛に有効とされる栄養素は存在しています。ここでは、そういった栄養について見ていくことにしましょう。

・ビタミンE

頭皮が血行不良を起こすと、毛根に栄養が届きにくくなり薄毛が進行します。そこで、毛細血管の血行を向上するビタミンEがオススメの栄養素の1つとなるのです。ウナギ、サバ、イワシ、ナッツなどに豊富に含まれています。

・ビタミンB2

ビタミンB2は毛髪が成長するのを助ける働きがあるため、育毛に役立つ栄養素と言えます。ウナギ、サバ、レバーなどに多く含まれています。

・亜鉛

毛髪の主成分であるケラチンを合成するためには亜鉛が欠かせません。そのため、亜鉛不足では育毛ケアの効果は見込めないでしょう。不足しない程度に亜鉛を摂取することが非常に大切です。牡蠣、アサリ、イワシなどにたくさん含まれています。

・イソフラボン

毛母細胞の活性化、毛髪の成長促進、男性ホルモン優位のホルモンバランスを是正する拮抗作用などが期待される成分です。大豆製品に多く含まれています。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート