スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

肥満って遺伝するの?

更新日:2016/12/09 公開日:2014/12/08

肥満の原因・症状

「親が太っていると、子どもも太る」という話を耳にすることがありますが、本当にそんなことがあるのでしょうか?そこで今回は、肥満と遺伝の関連性についてお話していきましょう。

肥満に関係する遺伝子とは?

自分も含め、家族がみんな太り気味だと、「遺伝だから仕方がない」と思ってしまう人も少なくないかもしれません。しかし、肥満は本当に遺伝するのでしょうか? そこで今回は、肥満と遺伝の関連性についてお話していきましょう。

人類の長い歴史の中で、世界中の多くの人びとが、毎日食べられるという時代になったのは、ここ何十年かのこと。食べ物を確保することが困難だった時代には、飢餓に備えて、できるだけ多くの脂肪を体に溜め込み、ゆっくりと消費していける体が必要でした。

そこで、脂肪の燃焼を促す「β3アドレナリン受容体(β3AR)遺伝子」や「脱共役たんぱく質1(UCP1)遺伝子」などが異常をきたしていると、肥満につながる可能性があります。

脂肪に蓄えられた中性脂肪が分解されにくくなったり、褐色脂肪細胞での脂肪を燃焼する機能が低下してしまうので、肥満しやすくなってしまいます。日本人は、およそ3人に1人がβ3ARを、およそ4人に1人がUCP1を保有していると推定されています。

遺伝は肥満にどのくらい影響するの?

肥満遺伝子を保有しているということは、かつては、生存のために有利な条件でした。しかし食べ物がいつでも手に入り、便利で運動不足に陥りがちな現代では、それが「太りやすい体質」の原因になってしまうというのは事実です。

しかし、肥満遺伝子に異常があるからといって、必ずしも肥満になるかというと、そんなことはありません。なぜなら肥満の原因は、「遺伝が3割、生活習慣や環境が7割」といわれており、食べ過ぎや運動不足など、後天的な環境要因の方が大きく影響するからです。家族が同じような体型になるのも、遺伝的要因よりも、食事のメニューや食べる量、生活スタイルなどに共通点があることのほうが大きいといえるでしょう。

仮に肥満遺伝子に異常があるとしても、あくまでも「太りやすい体質」というだけなので、食生活や運動に気をつけていれば、痩せることが可能です。「体質だから減量しても無駄」などと諦めないようにしましょう。

今すぐ読みたい