女性の更年期障害の症状

更新日:2017/05/11 公開日:2014/12/26

更年期障害の症状

女性なら誰でも起こりうる更年期障害。更年期障害とひとくちに言ってもさまざまな症状があります。ここでは、女性の更年期障害における主な症状と症状の現れ方について、ドクター監修のもと詳しく解説します。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

40代半ば頃から始まる女性の「更年期障害」。具体的にはどのような症状が現れるのでしょうか。

更年期障害で現れる主な症状

のぼせ・ほてり

「ホットフラッシュ」とも呼ばれているのぼせやほてりの症状。突然顔や上半身がカーッと熱くなったり、汗が止まらなくなります。熱くなった後に急激に体が冷えてしまったり、上半身は熱いのに下半身は冷たかったりといった状態になることも。

肩こり

更年期によるエストロゲンの減少による自律神経の乱れから、ひどい肩こりに悩む人が多くなります。日常生活の中で肩に負担をかけないようにし、ストレッチなどで血行を促すことで緩和できる場合もあります。

頭痛

更年期によって起こる頭痛は、脳の血管壁の収縮やけいれんが原因だといわれており、これにもエストロゲンの減少が関係していると考えられています。もともと頭痛を起こしやすかった方は、更年期に悪化する場合があります。

めまい・耳鳴り

加齢によって血管の収縮がうまく行えなくなるとめまいを起こしやすくなりますが、更年期によって起こることもあります。比較的症状は少ないものの、耳鳴りを感じることも。めまいや耳鳴りは時が来れば自然に治まることが多いといわれています。

イライラ

ホルモンの変化は、感情の起伏と密接な関係にあります。ちょっとしたことでイライラしたり不安になったりと感情のコントロールが難しくなるのも更年期障害の代表的な症状です。気持ちがふさぎこんでしまいうつ状態に陥るケースもあります。

不眠

エストロゲンの減少により自律神経に異常が現れ、寝付きが悪くなったり、眠りが浅かったりと不眠に悩まされることがあります。毎日適度な運動をしたり、ぬるめのお風呂に浸かることで改善が期待できます。

症状の現れ方

症状の現れ方には個人差があり、本人の性格や生活環境によっても左右されます。比較的らくに症状を乗りきれる方もいれば、1年~数年間続くケース、つらい症状が長期にわたるケースもみられます。

症状の現れ方は大きくわけて「自律神経失調症状」「精神症状」「その他の症状」の3つに分けられます。自律神経失調症状と精神症状が混在していることがほとんどです。

自律神経失調症状

代表的なものとして、顔ののぼせやほてりといった「ホットフラッシュ」があげられます。ホットフラッシュは閉経女性の40~80%に認められ、治療を要するものはそのうちの25%程度だといわれています。

疲労感、動悸、頭痛、めまいなども自律神経失調症状から現れます。

精神症状

イライラしやすくなる、うつ状態になる、不安になる、涙もろくなるといった精神的症状に悩まされる方は多いようです。焦り、神経過敏、興奮状態、物忘れ、集中力の欠如も精神的症状に当てはまります。

その他の症状

運動器症状…腰痛、むくみ、しびれなど

消化器症状…腹痛、便秘、吐き気など

泌尿生殖器症状…頻尿、排尿障害、性交痛など

皮膚粘膜症状…かゆみ、湿疹、乾燥など

さまざまある更年期障害の症状ですが、症状が重い場合や長期間続く場合は重大な病気が原因で引き起こされている可能性もあります。そういった場合は、一度受診することをおすすめします。