妄想性パーソナリティー障害の症状・原因・治療方法・接し方

更新日:2016/12/09 公開日:2015/01/30

人格障害の種類

周囲の人々を疑い、言葉の裏には悪意があるのではないかと常に考えてしまう「妄想性パーソナリティー障害」。相手の些細な一言にも不信感や猜疑心を抱いてしまいます。ドクター監修のもと、障害の特徴や治療法を紹介します。

泣く女性

日常生活や仕事をするうえで、時には人や物ごとを疑ったり慎重に考えたりすることは必要ですが、それが行き過ぎると社会生活を営むこともままならなくなります。
ここでは極端に猜疑心や被害妄想が強くなってしまう「妄想性パーソナリティー障害」について、原因や治療法、接し方を解説します。

妄想性パーソナリティー障害とは?

この病気は、友人や仲間、職場の同僚の誠実さを疑う、批判に対して過剰反応し相手に敵意を持ち続ける、根拠もないのに配偶者や恋人の浮気を疑うというような特徴があります。自分以外は全員が敵で、周囲の人がいつも自分のことを騙そう、おとしめようとしているのではないか、という妄想状態に陥っています。

原因としては、批判的で厳しい親に育てられた経験があり、人を信頼する心や安心感が育まれなかったことが一因と考えられています。

妄想性パーソナリティー障害の治療法

治療法としては、精神科を受診してみることが最善です。しかし、本人がそれを病気と認めづらいのがこの障害の難しいところでもあります。そもそも物事や対人関係がうまくいかないのは他人のせいだという思いが強いため、自分から医療機関にかかるケースはまれです。家族に連れられて受診した場合も、ドクターのちょっとした振る舞い、言動についても深い疑いを持ってしまう場合もあります。

被害妄想や怒り、不安感など気分の浮き沈みが激しいようならば、症状軽減のために薬物療法という手段が取られることもあります。また、妄想性パーソナリティー障害の基本となる心理療法は、ドクターとの信頼関係が肝心であり、最初は人との会話や振る舞いなどの社会的コミュニケーションの向上を図ります。焦らず時間をかけて治していこうとする姿勢が必要です。

周囲の人々は、疑い深い本人と親しくなり過ぎないで、ある程度の距離をとって接することも必要です。距離が近すぎると自分の考えや理想を押し付け、それが適わないとなると相手に裏切られたと考えて、攻撃してくることもあります。お互いの関係性がさらに悪化してしまわないように、甘やかさず、また突き放すのでもない、中立的な態度を心掛けてください。

この病気・症状の初診に向いている科 精神科