依存性パーソナリティー障害の症状・原因と治療・対応方法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/01/30

人格障害の種類

自分は無力で人に頼らないと生きていけないと思い込む「依存性パーソナリティー障害」。依存した相手にとても従順で、暴力や搾取を受けても耐えるしかないと思ってしまうのが特徴です。ドクター監修のもと、この障害について詳しく解説します。

悲しんでいる女性

生きていくために自分で判断しなければならないことを他人にしてもらうのは一見楽かもしれません。ですが、それが生活の全てにわたり、自己犠牲が伴ってくると依存性パーソナリティー障害の可能性があります。

依存性パーソナリティー障害とは?

依存性パーソナリティー障害は、自身で物事を判断することをせず、何をするにも他者に依存し、日常生活に支障が出てくることを特徴としています。この依存性パーソナリティー障害は、パーソナリティー障害の中で最も発症者が多く、そのほとんどが女性だと言われています。

具体的には以下のような症状があります。

・自身が判断しなければならないことも他人に助言を求める
・自身の生活において、他者に全て責任を持ってもらおうと思っている
・依存している人には理不尽なことでも服従する
・受動的で、自身から意見や欲求を発言することがない
・1人で生きていくことに強い恐怖を感じる
・一人でいると無力感を感じる
・依存する相手がいなくなると別の相手を探し求める ・・・など

原因について

依存性パーソナリティー障害の原因には、子供の自立期に親が過保護すぎてしまうことが要因と考えられています。子供が自分で考えて対処すべき問題を親が肩代わりしてしまうことで、子供は自立心を妨げられ、大人になっても自分で物事の判断ができなくなってしまうのです。他にも、家庭内暴力、育児放棄(=ネグレクト)なども要因の1つとして考えられています。

依存性パーソナリティー障害の治療方法

依存性パーソナリティー障害の方は、本人が必要以上に他者に依存していることを分かっていない場合が多くみられます。したがって依存性パーソナリティー障害の治療は、まず本人が依存性パーソナリティー障害だと自覚することが第一です。それまでの偏った依存関係の連鎖を断ち切り、自身がどうしたいのかという感情を引き出していくことが、治療の発展に繋がるポイントになります。一時的な気分の落ち込みには薬物療法が取り入れられる場合もあります。

自分本位に生きていけるように、精神療法やカウンセリングで自信をつけることも不可能ではありません。対等な人間関係を築き、依存によって安心を得ることから脱却したいと考えるなら精神科への受診を早めに検討することをおすすめします。

この病気・症状の初診に向いている科 精神科