1429名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

効果的ないぼの除去法 ~液体窒素

更新日:2016/12/09 公開日:2015/01/30

皮膚科で主流となったいぼの液体窒素法

一般的ないぼの除去法として知られる、液体窒素を使った方法。ほとんどの皮膚科で古くから行われているというこの方法は、どんな道具を使って、どのように行われるのでしょう?治療時の痛みや仕上がり、料金など、気になるポイントについて解説します。

液体窒素を使った、いぼの除去法とは?

日本では古くから、いぼの除去といえば液体窒素が使われてきました。治療に用いられるのは、マイナス196度にもなる液体窒素を染み込ませた綿棒のようなもの。これを患部に押し付けて低温火傷の状態にし、いぼをウイルスごと壊死させる方法です。「冷凍凝固法」「凍結療法」とも呼ばれています。

この方法では、いぼとウイルスを壊死させるのと同時に、その下にある正常な皮膚細胞に刺激を与えることも目的としています。細胞の新陳代謝が活性化されることによって、いぼのない新しい皮膚が再生されるのです。

処置を行ってすぐは、患部が水ぶくれのような状態になります。数日後には乾いてかさぶたのようになり、かさぶたが自然にはがれ落ちるのが約1週間後。依然としていぼが残っているようなら、再度治療を繰り返します。

いぼの液体窒素法のメリット&デメリット

液体窒素を使ったいぼの除去法では、皮膚を低温火傷の状態にすることから、人によっては強い痛みを伴います。また、低温火傷を起こした部分に色素が沈着し、シミとなって残ってしまう場合もあり、顔や首など目立つ部分のいぼにはあまり向かないでしょう。

また、一度で全てのいぼをとるのは難しく、繰り返し治療を受ける必要があります。液体窒素による処置は3週間程度間隔を空けて行われるため、数ヶ月に渡って治療が続くことも。一旦は完治したと思っても、皮膚の奥深くまで根を張った全てのウイルスをとりきれず、再発してしまう可能性もあります。

一方、液体窒素法はほとんどの皮膚科で行われており、治療のために特定の医療機関までわざわざ足を運んだりするような必要はありません。また、治療費には保健が適応される場合が多く、リーズナブルにいぼを除去したいという人におすすめです。

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート