つらすぎる!吐き気を伴う胃痛の原因と正しい対処法

更新日:2016/12/09

胃痛の原因と症状、対処法

胃痛と吐き気を同時に感じるのはなぜ?その原因について、ドクター監修が分かりやすく解説します。また、このような場合には重大な病気の可能性もあるので注意が必要です。吐き気をともなう胃痛が起こる病気を理解し、適切な対処をとるようにしましょう。

丸茂恒二先生

この記事の監修ドクター

丸茂医院 院長  丸茂恒二先生

吐き気をもよおす女性

胃痛に吐き気をともなう場合がありますが、このようなつらい症状はどうして起こるのでしょうか? 胃痛と吐き気が同時に起こる原因と、そこから考えられる病気についてお伝えしていきます。

吐き気をともなう胃痛はなぜ起こるのか

食べ物を口にすると、食道を通って胃に入り、十二指腸へと流れていきます。これは、蠕動(ぜんどう)という筋肉の運動によっておこります。

しかし、なんらかの原因により、この運動が逆に働いてしまうことがあります。すると、食べたものが胃酸と一緒に逆流し、吐き気をもよおしてしまうのです。 このような吐き気をともなう胃痛は、食べ過ぎや飲み過ぎた時に感じることがよくありますが、これは胃に負担がかかり、胃粘膜に炎症が起こってしまうからです。

また、ストレスによる自律神経の乱れも、胃腸の働きに関与する副交感神経を弱め、胃痛や吐き気を引き起こすこともありますし、食材に起因する食中毒も、胃の激しい痛みと嘔吐の症状がおこります。

胃痛と吐き気を引き起こす代表的な病気

さらに、胃の痛みと吐き気が特徴となる病気がいくつかありますので、それぞれご紹介します。

<急性胃炎>

胃の粘膜のただれによって、みぞおちあたりの痛みと吐き気のほか、腹痛、下痢をともなうことがあります。急性胃炎の原因は、ストレスや過労、暴飲暴食、不規則な生活リズム、アルコールや刺激物の摂取などさまざまです。

<逆流性食道炎>

食べ過ぎや胃酸の出過ぎであったり、蠕動(ぜんどう)が逆になることで、すっぱい胃酸が込み上げてきます。喉がつかえた感じや、咳が続いて声がかすれることも。胃カメラで確認すると、食道粘膜の炎症が見られるのが特徴です。

<胃潰瘍・十二指腸潰瘍>

胃や十二指腸の粘膜に炎症が起こり、粘膜がえぐられたような潰瘍ができている状態です。胃潰瘍の場合は、食事中や食後にみぞおちあたりが重苦しく痛みます。十二指腸潰瘍では、空腹時や胃酸の出やすい夜中にみぞおちあたりが痛み、食べ物を口にすると症状が落ち着くというのが特徴です。

<虫垂炎・腹膜炎>

急性虫垂炎の初期症状として、おへそのあたりやみぞおちに激しい痛みと嘔吐があり、急性胃炎と間違われることが多いようです。虫垂炎が進行すると腹膜炎を起こし、適切な処置を施さないと生命に関わる危険性もあります。暴飲暴食だけでなく、過労なども原因となります。

吐き気をともなう胃痛が起きたときの対処法

吐き気を感じた時は、安静にすることが第一です。衣服をゆるめ、横になりましょう。軽い症状であれば胃の負担とならない消化のよいものを食べるようにし、様子をみてもよいでしょう。

また、副交感神経の働きを高めるために軽い運動を行ったり、体を温めたりするのも有効ですし、食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスが原因とわかっている場合には、市販の胃腸薬を飲んでもよいでしょう。

ただし、胃痛や吐き気の程度が激しい場合や、長く続く場合には病気の可能性が考えられますので、必ず医師の診察を受けてください。