1523名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

背中ニキビの皮膚科での治療方法の種類と効果

更新日:2016/12/09 公開日:2015/03/02

背中ニキビの治療

背中ニキビを治療するためには、ニキビ外来を設置している皮膚科に行くのが一番です。こちらでは、皮膚科医院で行われているニキビの専門治療について解説します。

背中ニキビの治療法

ニキビを理由に医療機関を受診した場合、多くは塗り薬が処方されます。しかし、最近ではニキビ外来を設置している皮膚科も増えてきており、塗り薬を用いない施術によって治療するケースも増えています。

ここでは、そういった外科的治療をピックアップして、その治療法、効果を紹介します。

ケミカルピーリング

ニキビの原因の1つに、角質が硬くなって角栓を生じやすくなるというものがあります。ケミカルピーリングはフルーツ酸、サリチル酸などの薬液を塗って、角質を溶かす治療法です。余分な角質がなくなり、角栓が発生しにくくなる上、肌のターンオーバーが活性化されてキレイな皮膚が生まれやすくなります。

ただし、角質層は外部刺激から肌を守るバリア機能を維持するために必要な部位です。一時的に角質が剥がれてしまうため、ピーリング後の肌は非常に刺激に弱くなってしまい、かえって肌トラブルを誘発することもあります。また、酸性の薬液を塗ること自体、肌には大きな負担となるため、すでに炎症を起こした背中ニキビには向いていません。

イオン導入

ビタミンCには皮脂の過剰分泌を防ぐ働きがあるため、ニキビの予防、改善に一定の効果をもたらします。そこで、ビタミンCなどの美肌成分を肌に浸透させるイオン導入が、背中ニキビの治療法として注目されています。

そして、イオン導入の効果を100%得るためには、事前にケミカルピーリングを施しておかなければなりません。イオン導入そのものは安全な施術ですが、ピーリングをすると肌のバリア機能が大きく落ちてしまうため、無条件でオススメはできないのが実情です。

ホルモン療法

背中ニキビの代表的な発生原因に、ホルモンバランスの乱れがあります。男性ホルモンが優位になると、皮脂分泌、角栓発生が亢進され、ニキビが出来やすくなってしまいます。そこで、女性ホルモンを含んだピル、女性ホルモン類似物質であるイソフラボンを利用して、ニキビの発生を抑えるという考え方が基本になった治療法です。

このホルモン療法は、ニキビの発生メカニズムそのものを止めるので、治療を終えた後の再発率が低くなるのが特徴です。根本治療の1つとして注目を集めています。

ダーマローラー

肌がもっとも修復されるのは、炎症、傷などから治癒していく時です。そこで、極細の針を使って、わざと微小な傷をつくる…というダーマローラーが生まれました。

もちろん、僅かながら傷と炎症が発生するので、現在進行形のニキビに対して用いるべきではありません。ですが、ニキビ跡の陥没を改善する際には、一定の効果が期待できます。陥没した箇所に無数の穴を開けることで、その穴が治癒する時に、陥没した箇所が埋められるからです。以上から、ニキビ跡に悩んでいるのであれば、選択肢の1つとしてダーマローラーを考えても良いでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア講座

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート