目指せお金持ち!今こそ「お財布」を変えたほうがいい理由

更新日:2015/06/16

金運アップ

形状と並んで悩むのが財布の色でしょう。自分の気に入った色、デザインで選んだ方がいいのか、風水で良いとされる色を選んだほうがいいのか悩むところでしょう。そこで、財布の色別に存在する意味合いを紹介します

財布

あなたが使っている財布、どれくらいの期間使用しているでしょうか?実はこれからの季節、財布を新調するとお金が貯まりやすいといういわれがあります。「春財布」と呼ばれ、財布が膨らみお金がたくさんはいる、つまり”張る”=ふくらむことから「張る財布」とも呼ばれます。

金運を呼び込むとされており、縁起が良いということから財布の買い替えに適した季節だとされています。そこで財布をそろそろ買い替えようと思っている方に、貧乏財布にならない正しい財布の選び方をご紹介します。

いっぱいあって迷っちゃう?最適な財布の形状とは

財布選びにおいてまず悩むのは、「二つ折り財布」か「長財布」の選択肢です。一般的には長財布がよいとされています。なぜなら、札入れと小銭入れを別々に持つことで金運があがるとされているからです。材質は高級品として使われてきた牛革がおすすめです。財布の値段も気になりますが、安物の財布では、運気が逃げてしまうといわれているため、新調する際は思い切って少し値段の張る財布を選ぶのがよいでしょう。

ファッション感覚で選ばない方がいい?意外と大事な財布の「色」

形状と並んで悩むのが財布の色でしょう。自分の気に入った色、デザインで選んだ方がいいのか、風水で良いとされる色を選んだほうがいいのか悩むところでしょう。そこで、財布の色別に存在する意味合いを紹介します。

・黒
男性でもっている色で多いとされているのが黒。黒は今持っているお金を守る色を示します。お金が出ていかないとされているため、ある程度貯金があるという人向けです。

・金
お金を貯める安定の色です。計画的にお金を使うことができる堅実性が身につくようです。これから貯金をしたいという人にはおすすめの色です。

・黄色
お金を引き寄せる色とされていますが、実は「金回り」が良くなる色でお金が入るのも出るのも激しくなる色です。お金が入るたびに「使いたい!」という欲求を抑えるには、黄土色を選べば安定するとされています。

・白
悪い運気を洗い流す浄化作用があります。ただし、白は傷や汚れが目立つ色なので、常にキレイに保つことが必要です。

・青
無駄遣いなどの出費を抑えてくれるのは節約の色である青色です。ただし、入ってくる金運を上げる効果はないので、お金を稼ぐ努力が必要でしょう。

・ピンク
幸運が訪れる色とされています。また、他力本願でお金が入ってくる色です。玉の輿を狙っている方におすすめの色です。ただし、他力本願は不安定さもあります。自分でお金を増やすよう努力していけば、良いお金が入ってきます。

・赤
お札が焼き付いてしまう色とされています。お金が回らず、その人が持つ金運を燃やしてしまい、出費が増えてしまうでしょう。金運を上げたい方はできれば避けるべき色です。

意外と知らない!今まで使っていた財布はどうすればいいの?

買った財布は大事に使っていくことかと思いますが、気になるのはもともと使っている財布をどうするかです。長年使用した愛着のある財布であれば捨てることに躊躇してしまう方もいるでしょう。今まで使っていた財布はどうすればいいのでしょうか。方法としては「保管」または「処分」があります。もともと使っていた財布が縁起のいいものであれば無理に処分する必要はないでしょう。処分する場合は白い布、もしくは紙に包み封をし、捨ててください。以前の財布を使っている間、金運が悪かったと感じた場合は処分することをおすすめします。

張る財布になるために、財布を買い替えようとする方は、じっくり選ぶことをおすすめします。これから買う財布や今の財布がお金に好かれる財布なのか、気になる方は『お金に嫌われてるかも?「お財布」で分かる金運チェック』で確認してみてください。