思春期はいつからいつまで?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/03/31

子供の身長の悩み

子供から成人になるまでに必ず訪れる思春期。具体的に、何歳から何歳までが思春期なのでしょうか。専門ドクター監修のもと、思春期をむかえる時期と、身長との関係について解説します。

思春期とは、医学的に言うと「第二次性徴の発現の始まりから終わりまで」を意味します。では、思春期と身長の伸びにはどのような関係があるのでしょうか?詳しく解説します。

思春期の始まりとその期間

思春期の始まりと期間は男子と女子で異なり、個人差も大きいです。男子は小学校高学年前後、女子は小学校中学年前後に始まるのが一般的とされています。平均を見ると、男子が11歳ごろ、女子が10歳ごろとなっています。

思春期が始まると、体に変化が起こります。女子は乳房が少し膨らんでくるのでわかりやすいですが、男子の場合は精巣が増大するという変化なので、気づきにくくなっています。また、思春期の始まりについて、女子は初潮を迎えたころ、男子は声変わりし始めたときと勘違いしている方も多くいるようです。その時期には、すでに思春期の後期に入ったとみてよいでしょう。

思春期は、体と心の変化だけでなく、身長の変化も著しくなります。毎月身長を測っているとわかりやすいのですが、それまで月に4~5mmずつ伸びていたのが、思春期が始まると7mm近く伸びるようになります。

思春期と身長の関係

人間の身長が大きく伸びる時期は、人生の中で2回訪れます。一番伸びる時期は、生まれてからの1年間で、約2倍に成長します。二番目が思春期で、1年間で10cm伸びる場合があります。

思春期には、よい生活を送ることでさらに伸びる率を高めることができます。よい生活とは、十分な睡眠をとること、バランスのよい食事でしっかり栄養をとること、適度な運動をすることを指しています。睡眠不足、栄養不足の状態では、成長ホルモンの分泌量が少なくなり、身長の伸び率が低くなってしまいます。

思春期の身長の伸び幅は、男子で25cm前後、女子で22cm前後とほぼ決まっています。そのため、思春期が始まる前の身長によって、最終身長(成人してからの身長)が決まります。たとえば、身長140cmで思春期が始まった男子は、その後25cm伸びると最終身長は165cmです。150cmのときに思春期が始まった男子の最終身長は175cmになります。つまり、思春期に入った時の身長が高い方が、最終身長は高くなる傾向にあります。これは、思春期が遲く始まったほうがいいと言いかえることもできます。

思春期の始まりや期間には男女差や個人差があるため、いつからいつまでとはっきり明記することはできませんが、思春期と身長には大きな関係があるとだけ覚えておきましょう。

今すぐ読みたい