身長を伸ばす運動・ストレッチってあるの?

更新日:2017/03/22 公開日:2015/03/31

身長を伸ばすには

ストレッチや運動は健康によいイメージがありますが、子供の身長を伸ばすのに効果的なストレッチや運動はあるのでしょうか。専門ドクター監修のもと、運動と子供の身長との関係について詳しく解説していきます。

運動は子供の成長において重要なものです。では、身長を伸ばすのに効果的な運動やストレッチはあるのでしょうか。その有無と、運動が子供の成長に与える影響について解説します。

「身長を伸ばす運動・ストレッチ」はあるのか

バレーボールやバスケットボールのほか、ジャンプや縄跳びをすると身長が伸びると聞いたことがある人もいるでしょう。また、身長を伸ばすストレッチ法を紹介しているサイトなども存在します。しかし、残念ながらこれらに医学的根拠はなく、こういった特定の運動を行うことで身長が伸びるということはありません。

子供の成長における運動のメリット

「この運動をすれば身長が伸びる!」という特定の運動はありませんが、運動などで体を動かすことは子供の成長においてさまざまなメリットがあります。

運動することで、成長ホルモンが分泌される

成長ホルモンは「骨端線」に働きかけて骨を伸ばし、身長を伸ばす働きがあります。筋肉を使う運動を始めて15分後~終えた3時間後は成長ホルモンが多く分泌されるため、身長を伸ばすのに効果的と言えます。

生活習慣が原因の低身長を防ぐ効果も

適度な全身運動をしてエネルギーを消費すると食欲が出ることから、身長を伸ばすために必要な栄養をしっかり摂取できるようになると言えます。さらに、ほどよく疲れることで寝付きがよくなり、深い眠りに入りやすくなることで、睡眠中の成長ホルモン分泌を促すことにもつながります。このように、運動をすることで生活習慣が整い、睡眠不足や栄養不足による低身長を招きにくくなると言えるのです。

成長時期の運動内容と実施する期間

好きではない運動をしてストレスをためたるよりも、自分の好きな運動を定期的に長期間続けることが、身長を伸ばすには大切です。ただし、好きな運動と言っても、一部の筋肉だけに負荷がかかるようなものや、運動後疲れきってしまうような消耗の激しいものは、逆に骨の成長を妨げてしまうことがあるため、注意が必要です。

運動は、身長を伸ばすだけではなく、子供の成長にも欠かせないものです。幼児期は手足を使うことで脳が発達し、幼児期を過ぎると心肺機能を高める効果があります。そのため、幼児期から運動する習慣をつけることをおすすめします。また、身長の伸び幅は思春期に著しくなることが多いので、思春期が終わるまでは続けた方がいいでしょう。健康という側面から見たら、成人になっても続けることをおすすめします。

「身長を伸ばす運動」はありませんが、適度な運動は身長の伸びによい影響を与えることがわかりました。健康的な発育のためにも、習慣化させましょう。