1441名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ワキの下の黒ずみの原因とは

更新日:2017/03/31 公開日:2015/03/31

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

暖かくなると、ワキの下のケアが気になってきますよね。たとえムダ毛をきちんと処理していても、ワキの下が黒ずんでいては台無しです。ワキの下が黒ずんでしまう原因を知り、予防と改善に役立てましょう。

ワキの下が黒ずむ原因とは?

ワキの下の肌が黒ずんでしまう原因は、大きく分けて2つあります。1つは「メラニン色素の沈着」、もう1つは「皮脂や古い角質汚れ」です。

メラニン色素の沈着による黒ずみ

メラニン色素とは、紫外線から皮膚を守る働きをするものです。一方で皮膚に何らかの原因で炎症がおこるとメラニン色素の産生が異常に増加してしまうことがあります。普段、腕を動かすときにワキが衣服で擦れることもありますし、ムダ毛を処理するときにカミソリや毛抜きなどの刺激を受けることもあります。このような刺激を慢性的に受け続けることで肌に微細な炎症がおこりメラニン色素の異常増加状態を招いてしまう可能性があるのです。

ワキの下は皮膚が薄く、とてもデリケートな部位です。よって、負担をかけすぎてしまうと、肌を守るメラニン色素が過剰に生成され、ターンオーバーでの排出が追いつかなくなったものが表皮に溜まった状態で残ってしまいます。これにより、色素が沈着して黒ずみの原因になるというわけです。さらに、年齢を重ねると細胞の代謝が衰えるので、肌のターンオーバーが滞り、よりいっそう色素が沈着しやすくなります。

皮脂や古い角質汚れによる黒ずみ

ワキの下にはたくさんの汗腺が集まっているので、体の中でもっとも汗をかきやすく、皮脂の分泌も多い部位です。汗をかいたまま放っておくと、蒸れて雑菌が繁殖したり、皮脂や汚れがたまって毛穴のつまりを引き起こすことで、黒ずみになることがあります。

また、暑い季節には臭いのケアも兼ねて制汗剤を使う人も多いと思います。さらっとした心地よいワキの下を保てることで人気の制汗剤ですが、使いすぎると毛穴のつまりを引き起こし、黒ずみのもとになる場合もあるので注意が必要です。

ワキの下の黒ずみへの間違った対処法

衣服の摩擦やムダ毛処理、制汗剤の使い過ぎや汗・皮脂による毛穴のつまりなど、ワキの下が黒ずむ原因は生活のなかにたくさん潜んでいます。ここで間違った対処をしてしまうと、黒ずみをさらに悪化させ、より大きな肌トラブルを招くことになりかねません。例えば、黒ずみを「ムダ毛が残っているのでは?」と勘違いして何度もカミソリをあててしまうと、過度な刺激によって悪化しかねません。肌だけでなく毛穴にもダメージを与えるので、ブツブツとした状態になるなど、さらなる肌荒れにもつながります。

また、ワキの下の黒ずみが気になるからといって、スキンケア用品をむやみに使用するのもよくありません。刺激により、トラブルを悪化させる可能性があります。ファンデーションで隠すというようなその場しのぎの方法も、肌に強い刺激を与えるため絶対にしてはいけません。

ワキの下はデリケートな部位です。強い刺激を与えていないか、毛穴が詰まるような生活習慣はないかなど、まずは黒ずみを招いた原因を見極めましょう。原因を知り、それを排除することが、黒ずみの予防や改善につながります。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート