1448名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ワキの毛穴トラブルの原因と対処法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/03/31

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

近年、ワキの毛穴トラブルで悩む人が多くなり、美容クリニックに持ち込まれる相談件数も年々増えているといわれています。なぜ、ワキの毛穴トラブルが起こるのでしょうか?原因と対処法について解説します。

ワキの毛穴トラブルの原因とは

ワキのトラブルを引き起こす原因のひとつに、ワキ毛の自己処理があります。カミソリで剃ったり毛抜きで抜いたりする以外にも、クリームやワックスなど、自己処理の方法はたくさんあります。手軽にできるからといって、間違った方法で処理したり、処理前の準備やアフターケアをおろそかにすると、さまざまな毛穴トラブルを引き起こす原因になるのです。

また、制汗剤の多用も原因のひとつです。制汗剤に含まれる成分には、汗を抑える「収れん剤」や雑菌を抑える静菌剤などがあります。これらは、汗やにおいを抑える作用を持つのですが、肌にとっては負担になることもあります。毛穴にフタをすることになれば皮脂汚れが排出されにくくなりますし、必要以上につけすぎると炎症による黒ずみやかゆみを引き起す可能性もあります。かゆいからといって掻き過ぎると、メラニン色素が沈着してさらなる毛穴トラブルにつながるという、悪循環に陥る場合もあります。

ワキの毛穴トラブルはどう対処する?

まずは、原因になる行為を避け、トラブルを起こさないよう予防することが大切です。すでにトラブルが起こっているという方は、正しいケア方法を実施しましょう。

予防として

ワキ毛を自己処理する場合は、できるだけ肌に負担を与えないよう注意しましょう。カミソリで処理する際は、クリームを塗って皮膚の摩擦を防いでください。何も塗らずに剃ることは、絶対に避けましょう。毛抜きで抜く場合もそのまま抜くのではなく、ホットタオルや入浴などで脱毛部位を温めて、毛穴を開いてから抜いてください。

カミソリや毛抜きはもちろん、脱毛クリームやワックスを使った場合でも、脱毛後の肌は乾燥しています。アフターケアとして、化粧水や美容液での保湿を徹底しましょう。

制汗剤を使用した日は、肌の負担になるものを残さないよう、シャワーなどでキレイに洗い流してください。夏場はどうしてもにおいが気になるので、制汗剤を使う機会も増えてきます。使い過ぎには気をつけましょう。

ケア方法として

すでに、なんらかのトラブルがあるという方は、できるだけ早く解消させるためにも、正しいケアを心がけましょう。

清潔にするのは大切ですが、過剰な洗いすぎは肌の乾燥につながります。1日に1~2回、刺激を与えないよう石けんやボディソープを泡立ててやさしく洗いましょう。洗った後は、化粧水や美容液でしっかり保湿してください。

外側だけでなく、内側からのケアも大事です。肌の新陳代謝を高める栄養素を、食事で補うようにしましょう。代表的なものには、ビタミンA、B群、C、E、亜鉛などがあります。下記が、これらを多く含む主な食材です。

・ビタミンA…にんじん、かぼちゃ、うなぎ、レバー類など

・ビタミンB群…卵、乳製品、豚肉、まぐろ、かつお、大豆など

・ビタミンC…パプリカ、ブロッコリー、芽キャベツ、レモン、いちご、みかんなど

・ビタミンE…すじこ、たらこ、モロヘイヤ、アボカド、ナッツ類など

・亜鉛…生牡蠣、豚レバー、牛肉、カニ、ゴマなど

また、ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑える作用もあるので、ワキの黒ずみには特に効果的です。これらのビタミン類や亜鉛などのミネラルと合わせて、良質なタンパク質やコラーゲンもしっかり摂るよう心がけるとよいでしょう。

正しい予防とケアで、誰に見せても恥ずかしくないキレイなワキを手に入れましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート