3088名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

脇肉・肩まわりの脂肪吸引の特徴と注意点

更新日:2016/12/09

脇肉や肩まわり、二の腕についている余分な脂肪は、想像以上に目立つものです。しかし、ダイエットでは落としにくいのも事実。これらの部位をスッキリさせるのに効果的な脂肪吸引と、行う際の注意点について解説します。

ダイエットで落ちにくい脇肉は脂肪吸引が効果的

バストラインが崩れてしまう原因のひとつに、脇肉があります。ブラジャーに収めることのできない余分な脂肪があると、段ができてしまうためです。特に、後ろ姿が目立ちやすくなります。

このような脇肉は、矯正下着などを使って無理やりバストのお肉にしてしまうことができるという話を耳にしたことはありませんか?しかし、脂肪細胞というのは線維性の組織に支えられているので、大きく移動できるものではありません。脇肉の脂肪をしっかりと落としたい場合には、脂肪吸引が適しているでしょう。バストラインを美しく整えるためにも、邪魔な脂肪は施術で取り除くことがおすすめです。

二の腕や肩まわりの肉も脂肪吸引で解消

上半身をスッキリさせたければ、脇肉だけでなく、二の腕や肩まわりの脂肪も落とすといいでしょう。特に、二の腕はたるみやすいので、脂肪吸引で引き締めるだけで上半身の印象は大きく変わる可能性があります。

しかし、実は二の腕の脂肪吸引は難しい施術とされています。二の腕への脂肪のつき方は、他の部位に比べて特徴的で、全体的に同じような厚さで脂肪がついているわけではないからです。また、キャミソールやタンクトップを着る際に、二の腕だけ細くなると肩周りとのアンバランスさが強調されますので、肩周りも一緒に行うと満足な仕上がりになるはずです。

※二の腕の脂肪吸引について、詳しくは『二の腕の脂肪吸引手術の特徴と注意点』をご覧ください。

脇肉・肩まわり・二の腕を脂肪吸引する際の注意点

脇肉・肩まわり・二の腕を脂肪吸引する場合は、たるみに注意する必要があります。脂肪を除去することによって太さは解消されても、たるみが生じてしまうケースがあるからです。特に、年齢を重ねた方の二の腕は筋肉が緩んでいることが多いので、脂肪吸引のやり方によっては皮膚がたるみやすいです。たるみを起こさないためには、多くの脂肪層から吸引するのがポイントです。つまり、一か所からたくさんの脂肪を除去しないことが大切なのです。

また、二の腕などの皮下脂肪は薄いという特徴があります。カニューレを挿入する際は十分に注意しないと、脂肪の周辺にある筋肉などにダメージを与える恐れがあります。術後の痛みも、数日続くことになりかねません。ただし、技術力のない医師による施術でない限り、このような問題が起きることは少ないでしょう。

満足のいく仕上がりになるよう、注意点を意識しながらクリニックと医師を選ぶようにしましょう。

今すぐ読みたい

関連Q&A

Q&Aをもっと見る

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート