1429名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ワキの黒ずみを招く色素沈着を防ぐには

更新日:2017/03/31 公開日:2015/03/31

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

ちょっとした仕草で、ノースリーブやシャツの隙間からチラッと見えるワキ。見えても平気なくらいキレイな状態を保つためには、お手入れが欠かせません。ムダ毛と同じくらい気になるワキの黒ずみを防ぐ方法についてご紹介します。

ワキの下の色素沈着を予防するには

ワキが黒ずむのを防ぐために心がけたい、色素沈着の予防対策をご紹介します。

(1)摩擦の多い下着は避ける

ワキの黒ずみの一番の原因は、メラニン色素の沈着です。色素沈着を防ぐためには、ワキの下にできるだけ刺激を与えないことが大切です。刺激のひとつに、衣服が擦れることがあります。体にぴったりしすぎる服やきつい下着は摩擦が大きくなるので、肌への刺激が強くなります。できるだけ避けるようにしましょう。

(2)汗をかいたままにしておかない

汗をかいて蒸れた衣服を着替えないでいると、ワキの皮脂汚れや黒ずみを招く可能性があります。夏や運動した後など、特に多く汗をかきやすい時は、こまめに拭いたり着替えたりして、ワキの下を清潔に保つよう心がけましょう。

(3)制汗剤を多用しすぎない

夏は、ワキの汗やニオイをケアするために制汗剤を使う機会が増えてきますが、汗腺を塞ぐ制汗剤も、ワキの黒ずみの原因になります。刺激の強いものを避ける、過剰に使用しないなど、製品選びや使い方には十分注意しましょう。

色素沈着を起こさないためのワキ毛の正しい処理方法

ムダ毛の処理も、間違ったやり方をすると肌に負担をかけて黒ずみを引き起こすことがあります。予防するためにも、できるだけ刺激を与えない方法で行いましょう。

処理前の準備

カミソリを使って処理する場合は、クリームを塗ってできるだけ摩擦を少なくしましょう。剃る方向は、毛の流れに沿って。刃をすべらせるようにして剃ります。剃りきれず残った毛のみ、無理のないように逆剃りしてください。

毛抜きで抜く場合は、入浴や温タオルでワキを温め、毛穴を開いてから行いましょう。毛穴が閉じた状態で抜くと、埋没毛やブツブツ毛穴になりやすいです。

処理後の保湿ケア

どんなに気をつけても、ムダ毛処理は肌に少なからず刺激を与えます。そして、その刺激により肌が炎症を起こし、その過程でメラニン色素が過剰に生成されるため、脱毛後の肌をそのままにしておくと、色素沈着による黒ずみができやすくなります。このような状態をできるだけ防ぐためにも、脱毛のあとは保湿を徹底してください。美白効果のある肌に合った美容液を染み込ませたコットンでパックをしてもよいでしょう。

 

気をつけたい生活習慣

きれいなワキのためには、規則正しい生活と食事も大切です。顔の肌荒れやくすみ同様、ワキの黒ずみも、不規則な食事や生活習慣で引き起こされることがあります。

黒ずみの予防・解消に効果的とされる主な栄養素は、ビタミンCとビタミンEです。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、コラーゲンの生成を助けるため、美白化粧品の成分としても使われています。食事で補い、体内からもサポートしてあげるとよいでしょう。多く含む食材には、パプリカ、ゆず、アセロラ、パセリ、芽キャベツ、レモンなどがあります。

ビタミンEは、肌の新陳代謝を促してくれる優れた栄養素です。新陳代謝を促進させることで、色素沈着した角質を外に押し出すサポートをします。多く含む食材には、すじこ、いくら、たらこ、明太子、モロヘイヤ、うなぎ、かぼちゃなどがあります。

日頃から予防を心がけ、キレイなワキを保ちましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート