1449名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

敏感肌のシミ対策・美白化粧品の選び方

更新日:2017/05/11 公開日:2015/04/09

この記事の監修ドクター


スキンケア大学参画ドクター

敏感肌だからできるだけ肌に負担をかけたくないと、乾燥対策以外のケアはしていないという方も多いでしょう。しかし、敏感肌はシミやくすみができやすい状態。できれば、美白ケアも施したいものです。敏感肌でも効果が期待できる美白化粧品とは?詳しくお伝えします。

敏感肌の特徴

なんらかの要因で肌のバリア機能が弱まっている状態を、敏感肌と言います。敏感肌になると少しの刺激でもヒリヒリやかゆみ、赤みなどのトラブルが引き起こされやすいため、炎症によりメラニンが過剰に生成されやすく、シミやくすみができやすいという特徴があります。しかし、バリア機能が弱ったままの肌では、くり返す炎症によりメラニンがどんどん生成されるので、美白成分が効きにくく、美白ケアをしても効果がないことがほとんどです。

そのため、敏感肌の場合は、美白に対するアプローチの前に、まずは肌のバリア機能を回復させることに目を向ける必要があります。

敏感肌の美白化粧品選びのポイント

敏感肌の方は、肌のバリア機能をサポートする成分が配合された美白化粧品を選ぶことが大切です。紫外線やほこりなどの外部刺激から肌を守ることで、メラニンの過剰生成を防ぐことが先決というわけです。そのうえで美白成分を補えば、敏感肌でも効果が期待できるでしょう。

肌のバリア機能をサポートする主な成分には、角質層のうるおい成分である「セラミド」と同じ構造を持つ「ヒト型セラミド」や、擬似セラミドと呼ばれる「N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド」、セラミドの生成を促進する「ユーカリエキス」などがあります。バリア機能の向上にセラミドの補充と生成サポートが効果的なのは、セラミドが角質層のうるおい保持率80%を占める、角質細胞間脂質の主成分であるためです。角質層は肌内部の水分蒸発を防ぐと共に、外部刺激から肌を守るバリア機能も担っているため、これを正常に保つことが大切というわけです。

また、炎症により過剰生成されるメラニンを抑えるよう、抗炎症作用のあるものを選ぶのもポイントです。抗炎症効果のある成分を補うことで、メラノサイトを刺激する因子を抑えることができます。主な成分には、アミノ酸の一種である「トラネキサム酸」や、カモミールから抽出した「カミツレエキス」などがあります。これらには保湿効果もあるので、敏感肌の人には特におすすめです。

ただし、忘れてはならないのが、前提として低刺激のものを選ぶということ。上記をクリアしていても、その他に刺激の強い成分が入っていてはトラブルのもととなってしまいます。配合成分はできるだけシンプルなものを選び、肌に必要以上の負担をかけないよう気をつけましょう。

これまで、敏感肌だからとあきらめていた方も、こうした条件をクリアしたものを上手に選べば、美白ケアが可能と言えます。ただし、肌に合うかどうかは人それぞれなので、パッチテストをするなど、十分注意したうえで試してみましょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート