若年性認知症の予防対策

更新日:2016/12/09

若年性認知症

若年性認知症には、生活習慣病が大きく影響しているので、若いうちから生活習慣を健康的なものに改めていくことが若年性認知症の予防につながります。そこで今回は、30代のうちから始めたい若年性認知症を防ぐ生活習慣をご紹介していきます。

西條朋行先生

この記事の監修ドクター

西條クリニック 院長  西條朋行先生

運動をしている男性

生活習慣の見直しが若年性認知症の予防に

若年性認知症の二大原因疾患は、「脳卒中」や「アルツハイマー病」ですが、これらの病気には、生活習慣病が大きく影響しています。生活習慣病とは、毎日の好ましくない生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気のこと。

つまり、若いうちからそうした生活習慣を改めていくことが、若年性認知症の予防につながるということです。そこで今回は、30代のうちから心がけていきたい若年性認知症を防ぐ生活習慣をご紹介していきます。

運動をする習慣を

適度な運動は、血圧や血糖値、コレステロール値に良い影響を与え、生活習慣病の予防につながります。また、有酸素運動を行うことで、脳にしっかり酸素が取り込まれるので、脳が活性化し、認知症を予防できるといわれています。

オススメは、1日30分の有酸素運動を週に3回行うこと。ウォーキングなら、特別な道具を用意する必要もなく、誰でも手軽に行えます。

禁煙する

少し前までは、「タバコに含まれるニコチンに、アルツハイマー病のリスクを下げる効果がある」と言われていましたが、最近の研究では、喫煙者のほうがアルツハイマー病にかかりやすいことがわかってきました。またタバコは、血管の細胞を損傷させて動脈硬化を招くので、脳卒中の原因にもなります。若年性認知症の予防するためには、禁煙を心がけましょう。

お酒はほどほどに

アルコールの飲み過ぎは肥満につながり、生活習慣病の原因になりますが、それだけでなく、大量飲酒やアルコール依存症は、脳を萎縮させ、「アルコール性認知症」を招きます。毎日2合以上のアルコールを飲んでいると、脳が萎縮する可能性があるといわれています。

生活習慣病の予防のためのお酒の適量は、純アルコール量で1日20~25g程度とされており、ビールなら中びん1本(500mL)、日本酒なら1合(180 mL)、焼酎は0.5合(90 mL)、ウイスキーはダブル1杯(60 mL )、ワインはグラス2杯(240 mL)とされています。また、ポリフェノールが豊富な赤ワインには、アルツハイマー病の予防効果があるといわています。

この病気・症状の初診に向いている科 脳神経外科