名医に聞く!老化・老化現象と正しい老化防止法

更新日:2016/12/09 公開日:2015/06/23

老化に関する基礎知識

老化や老化現象、正しい老化防止法について、抗老化(アンチエイジング)医学の世界的権威であり、後藤久美子やリン・チーリン、マラドーナなど、著名人の主治医でもあるクロード・ショーシャ博士にお話をお伺いしました。科学に基づく、正しく効果的なアンチエイジングの方法を学び、日々の生活で実践していきましょう。

老化はなぜ起こる?

抗老化医学の世界的権威が教える老化の真実

古くから人類が追い求めてきた「不老長寿」。どのようにすれば老化や老化現象を遅らせ、効果的に老化防止(アンチエイジング)ができるのでしょうか。今回は、抗老化(アンチエイジング)医学の世界的権威である、クロード・ショーシャ博士にお話を伺います。

クロード・ショーシャ先生

医師であり、抗老化・予防医学博士であるクロード・ショーシャ先生は、世界抗加齢医学会の副会長などを歴任。世界中の医師など専門家に支持されると同時に、後藤久美子・ジャン・アレジご夫妻をはじめ、女優のリン・チーリンさん、ハリウッドで活躍する世界的アクションスター、ジェット・リーさん(下の写真)、外国人初のJRA騎手免許を取得したクリストフ・ルメール騎手、伝説のサッカー選手、マラドーナさんなど、多くの著名人のヘルスアドバイザーであり、仲の良い友人でもあります。

ショーシャ先生とジェット・リー氏

中国の全国武術大会において5年連続で総合優勝を成し遂げるほどの武術の腕前を持ち、その身体能力で世界のアクションスターとなったジェット・リー氏は、ショーシャ先生の親しい友人の1人です。急速に老化が進みがちな40代以降も、彼の若い頃と変わらない機敏さと迫力あるアクションに、多くの人が魅了されました。リー氏のように、何歳になっても若々しくいられる人とそうでない人の違いは、どこにあるのでしょうか。

老化・老化現象とは

Q:「老化」「老化現象」とは、具体的にどのようなことを指すのでしょうか。また、老化が進行している時、私たちの身体では何が起こっているのでしょうか。

ショーシャ先生:老化現象には、シミやシワ、バストやヒップのたるみ、体重増加、視力や聴力などの低下、記憶力の低下、性欲の減退など、様々なものがあります。老化が始まると、多くの人は老化現象自体に意識がいき、シミやシワを消す治療を受けるなど、「その問題を解決しよう」としがちです。

しかし、私たちの身体は全て細胞でできています。全ての細胞が健全で、若い頃と同じように機能していれば、老化現象は発生しません。

つまり、老化とは、細胞自体や細胞を取り巻く環境に問題が発生し、細胞が正常に機能していない状態になることです。老化現象はこの細胞の機能不全が根本的な原因です。

老化の原因

Q:老化の原因である細胞の機能不全は、なぜ発生するのでしょうか。

ショーシャ先生:細胞機能不全や機能低下は様々な要因によって引き起こされます。主には以下のようなことが老化の原因となります。

  • 細胞の形成不全
  • 酸化(活性酸素による細胞がさびる)
  • 糖化(余分な血糖によるタンパク質の変性)
  • 性ホルモンの減少

細胞の形成不全

細胞の形成不全とは、栄養素の不足などによって、細胞自体が正しく生成されず、不健全な状態になってしまっている状態です。例えば「細胞膜」は、脂質を主成分とする薄い膜で、細胞の外側を覆っており、全ての物質や情報は、細胞膜を通してやり取りされています。この細胞膜は私たちが摂取した脂質から構成されますが、乱れた食生活を続けていると、動物性脂肪などに多い「飽和脂肪酸」と呼ばれる脂質が主体となってしまいます。そうすると、細胞膜が柔軟性を失い、情報や栄養素、老廃物などの交換がうまく行われず、細胞が弱体化します。

酸化

細胞がフリーラジカルに攻撃され、酸化すると、遺伝子が破壊されて細胞が正常に働かず、老化が進行します。フリーラジカルは、大気汚染や飲酒、喫煙、ストレス、紫外線など外部環境によっても大量に発生しますが、細胞に傷がつき、炎症反応が起こると、細胞内にたくさんの活性酸素が発生します。そのため、細胞の酸化を防ぐには、細胞の炎症を防止することも大変重要です。

糖化

血液中の糖がタンパク質と結びつくと、「糖化タンパク質」になります。この糖化タンパク質は細胞を攻撃して機能を低下させ、老化を促進するだけではなく、糖尿病や白内障、アルツハイマー病などの重大な病気を引き起こしやすくします。糖化は、血糖値が高いと発生しますので、血糖値を上げすぎないことと、血糖値が高い状態が長時間続かないようにコントロールすることが重要です。

性ホルモンの減少

女性も男性も、加齢によって性ホルモンの分泌は減少しますが、細胞の活動には、この性ホルモンも大きく影響しています。そのため、細胞が正常に活動するのに必要な栄養素やホルモンが不足した状態となると、細胞が機能低下し、老化現象が発生します。

正しい老化防止・予防方法

Q:どうすれば老化を防止・予防できるのでしょうか。

ショーシャ先生:既にご説明した老化の原因となる要素をなるべく取り除き、細胞や細胞を取り巻く環境を健全に保つことが老化防止につながります。具体的には、以下のようなことがアンチエイジングに効果的です。

  • 栄養素を適切に摂取する
  • 抗酸化(抗酸化物質を多く摂取する、細胞の炎症を抑える)
  • 抗糖化(血糖値のコントロール)
  • 不足する性ホルモンを補う

老化を遅らせるには、まずは健康な細胞が作られるようにすることが重要です。そして、作られた細胞を酸化や糖化から守り、細胞が健全に機能するために必要な栄養素やホルモンなどが十分に供給されるようにしなければなりません。

※次の記事、『アンチエイジングに効果的な食べ物・サプリメント』の記事では、より具体的に老化を防止する方法についてショーシャ先生にお話しをお伺いします。

この病気・症状の初診に向いている科 内科

今すぐ読みたい

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!