成長期に食べさせたい!身長を伸ばす食べ物ってあるの?

更新日:2016/12/09

子供の食事

身長を伸ばすために、おすすめの食べ物を紹介します。成長期の子供には、骨や筋肉をつくり、成長ホルモンの分泌をうながす栄養素が欠かせません。ドクター監修のもと、身長を伸ばすために必要な栄養素について解説します。

母親

身長を伸ばすために、おすすめの食べ物があります。成長期の子供はたくさんの栄養を摂取してぐんぐんと身長を伸ばしていきますが、この時期に特に必要となる栄養素があります。ここでは、身長を伸ばすために必要な栄養素と、それをしっかりと摂取できる食べ物をご紹介します。

身長を伸ばすために欠かせない栄養素

身長を伸ばすために必要なのは、骨や筋肉をつくり、成長ホルモンの分泌をうながすタンパク質。ほかにも、カルシウムやマグネシウム、亜鉛も必要となります。

とはいえ、タンパク質やカルシウムばかり摂取していればよいというわけではありません。成長期の子供には、たくさんの栄養素が必要となります。厚生労働省などが提唱する六大栄養素の炭水化物・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をバランスよく摂取しながら、身長を伸ばすために必要な栄養素を意識的にとるようにしましょう。

特に、タンパク質は欠かせません。体を構成する成分として重要な役割を果たしているタンパク質は、骨や筋肉をはじめとして、皮膚や毛髪、臓器、血液などをつくる材料となっています。さらに、ホルモンや免疫機能をつかさどる物質の原料でもあるのです。

そのため、成長期の子供は大人よりたくさんのタンパク質を摂取しなければなりません。12~14歳では、男児で85g、女児で70gのタンパク質を1日で摂取するよう推奨されています。これは、成人男性の70g、成人女性の55gを大きく上回る量です。

タンパク質とカロリーをしっかりと摂取できる食べ物がおすすめ

身長の伸びには、IGF-1という成長因子が深く関係していることが明らかになっています。そして、IGF-1の値が高いと身長が伸びやすく、IGF-1は成長ホルモンや好ましい栄養状態に影響を受けて増加すると考えられ始めています。

骨が伸びるためには、軟骨細胞が増殖しなければなりません。そのために、タンパク質とカロリーをしっかりと摂取しましょう。タンパク質とカロリーを摂取するとIGF-1の血中濃度が上がり、軟骨細胞の増殖が進むといわれているからです。

タンパク質とカロリーを多くとれる食べ物は、次のようなものがあげられます。

ビーフカレー・シチュー・ステーキ・ハンバーグ・ロースかつ・ミートソーススパゲッティ・カルボナーラ・麻婆豆腐など

このような食べ物からタンパク質とカロリーをしっかり摂取しながら、適度な運動を行うとよいでしょう。適度な運動もまた、身長を伸ばすために必要です。