優れた食品として注目の「魚油」の効果と特徴

更新日:2016/12/09 公開日:2015/08/27

DHA・EPAの摂取方法

魚油とは、その名の通り魚類から得られる油のこと。健康や美容によいとして注目されている魚油ですが、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。ドクター監修のもと、分かりやすく解説します。

柳川達郎先生

この記事の監修ドクター

野沢3丁目内科 院長
柳川達郎先生

注目される「魚油」とは?

魚油は、その名のとおり魚から採取される脂肪油で、イワシやサバ、スケソウダラなどを原料としています。古くからマーガリンやショートニングの原料として使われてきました。魚油には、EPAやDHAといった「オメガ3系脂肪酸」が豊富に含まれており、血中コレステロールの増加を抑える、老化防止など、美容や健康へのさまざまな効果が期待できるとされています。

美と健康に役立つ「魚油」

魚油に含まれるEPAやDHAの効果として広く知られているのが、血液をサラサラにする、アレルギー症状を緩和するといった健康への効果や、脳の細胞を活性化するといった脳への効果。こちらの詳しい効果に関しては、『DHAの効果・効能と体内での働き』『EPAの効果・効能と体内での働き』をご覧ください。

ここでは、特に女性にうれしい美容や健康への効果を紹介します。

ダイエットへの効果

魚油は、すい臓から出るインスリンとの関わりがあることから、ダイエットにも効果が期待できるとされています。インスリンには、血液中の糖を筋肉や脂肪細胞に運ぶ働きがあり、インスリンが必要以上に分泌されると太りやすくなってしまいます。肉などに多く含まれる飽和脂肪酸の摂取量が多いとインスリンの効き目が悪くなり、インスリンの分泌が増加しやすくなるといわれています。魚油に含まれるオメガ3系脂肪酸は、アディポネクチンというホルモンを増加させ、インスリンの効き目をよくするとされています。インスリンの効き目がよくなることで過剰な分泌が抑えられ、太りにくくなるというメカニズムです。

アンチエイジングへの効果

オメガ3系脂肪酸によって増加するとされるアディポネクチンは、アンチエイジング効果も期待できるとされている善玉ホルモンで、血管を修復し、生活習慣病を予防するともいわれています。10人の女性に魚を食べさて大量のオメガ3脂肪酸を摂取させたところ、4週間後には、アディポネクチンが増加していたという報告もあります。

冷えへの効果

多くの女性が悩む「冷え」。その原因のひとつに血行不良があります。オメガ3脂肪酸には、血流をよくし、冷えを改善する効果が期待できます。

身体に入ったオメガ3脂肪酸は、細胞膜などの材料として使われます。血小板の細胞膜にオメガ3脂肪酸が増えると、血小板の働きが抑えられ血液が固まりにくくなります。また、赤血球の細胞膜に増えると、赤血球は柔らかくなり、変形しやすくなります。赤血球が変形して細い毛細血管の先まで血液が流れるようになることで、隅々にまで血液が行き渡るようになり、冷えの改善に繋がります。

メンタルの不調にも効果的

生理前に起こるイライラや気分の沈み、いわゆるPMS(月経前症候群)に悩む女性は少なくありません。魚油に含まれるDHAやEPAには、このような女性特有のメンタルの不調を緩和する働きもあるとされています。

また、22~51歳の男女33人を対象として研究で、彼らに魚油に含まれるEPAとDHAのサプリメントを35日間服用させ、その前後で心理テストを受けさせたところ、摂取後は活気が増した一方、うつ、怒り、不安といったネガティブな感情はすべて低下していたという結果が報告されています。

今すぐ読みたい