どれくらいトイレが近いと頻尿?頻尿の目安とは

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/28

頻尿の原因

1日に何度もトイレに行きたくなる、用を足した直後にまたトイレに行きたくなる、というときには頻尿の可能性が考えられます。ここではドクター監修のもと、頻尿の目安となるトイレの回数と主な原因について解説します。

ひとことで頻尿といっても、さまざまな原因が考えられます。場合によっては重大な病気のサインになることも。頻尿についての正しい知識を学ぶことで、病気の早期発見に繋がるかもしれません。

頻尿の目安となるトイレの回数とは

「尿が近い」、「尿の回数が多い」ことを頻尿と呼びますが、健康な成人の膀胱は通常、およそ300ccほどの容量があります。個人差もありますが、膀胱内に約150ccの尿が溜まると軽い尿意を、250ccになると強い尿意をもよおします。平均的なトイレの回数としては、日中に5~7回、睡眠中には0回が、正常な範囲といわれています。したがって、日中に8回以上、睡眠中には1回以上トイレに行くかどうかが、頻尿の目安となります。

しかし、健康に問題がなくても、水分をたくさん摂ればトイレに行く回数は増えます。また、年配の方であれば、腎臓の尿を濃くするはたらきが弱まるため、夜間にトイレに行く回数が増えるようになります。逆に、トイレに行く回数が8回よりも少なくても、いつもより多いと感じれば頻尿であるとも言えます。

頻尿の原因はさまざま

頻尿の原因はさまざまなケースが考えられますが、もっともよく知られているのは膀胱炎ではないでしょうか。膀胱炎は、大腸菌をはじめとする細菌が尿管から入り込み、膀胱の中で増え、粘膜が炎症して起きる病気です。体調がよいときには、尿と一緒に細菌を排出することができます。しかし、体調を崩したり、ストレスなどで免疫力が低下していたりすると、増殖を防ぐことができずに炎症してしまうのです。頻尿のほか、排尿痛、尿の濁りや色の変化、炎症による発熱などの症状がみられます。

また、膀胱炎以外にもさまざまな原因が頻尿を引き起こします。中には男女の性差で異なるものもありますが、主な原因は次のとおりです。

・過活動膀胱

・残尿(排尿後にも膀胱の中に尿が残る)

・多尿(尿の量が多い)

・尿路感染、炎症

・腫瘍

・心因性による頻尿

病気についての詳しい解説は、『頻尿の原因となる病気の種類』でも記載しています。

この病気・症状の初診に向いている科 泌尿器科

今すぐ読みたい