生理前の頻尿の原因と対策

更新日:2016/12/09 公開日:2015/09/28

女性の頻尿の原因と対策

生理前になるとトイレが近くなることはありませんか?デリケートな問題なので、周りの人には相談しにくいかもしれません。そこで、このページでは、ドクター監修のもと、生理サイクルと頻尿の関係、その対策についても紹介します。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

生理前になるとトイレが近くなると感じている方は多いのではないでしょうか。ここでは、生理前の頻尿はどうして起こるのか、その考えられる原因や対策について解説します。

生理前の頻尿の原因として考えられるもの

生理前に頻尿になるケースで考えられる原因のひとつとして考えられるのが「月経前症候群」です。

月経前症候群とは、月経が始まる1~2週間前から見られる不快症状のことを指します。多く見られる症状にはイライラや眠気、腹痛、頭痛などがありますが、頻尿も症状のひとつです。

月経前症候群の発症には、女性ホルモンの変化が関係しているといわれていますが、生理前は黄体ホルモンの影響で身体は水分を溜めこもうとするため、どちらかといえば尿量が減りむくみやすくなると感じている人の方が多いようです。しかし女性ホルモンのバランスの崩れによって起こる身体の冷えや気持ちの不安定さが頻尿の原因となる場合もあります。また、生理前は子宮がうっ血した状態になるため、1回の排尿量が減って、回数が増えるケースもあります。さらに黄体ホルモンの多い時期は、筋肉が引き締まらないので、骨盤底筋群も緩んでしまい、頻尿や尿失禁になる人がいるのです。

生理前の頻尿は、体をあたため、ストレスをコントロールして対策

一番手軽で手っ取り早い対策は、身体をあたためて冷えを防ぐことです。特に腰周りを十分に温め、この期間は身体を冷やすような食材や飲み物もできるだけ控えるようにしましょう。

また、ストレスや疲労の蓄積は、月経前症候群を悪化させる原因になります。ストレス、疲れを解消するためにも、睡眠の時間をたっぷりとってください。

入浴の際、ゆっくりと湯船につかることは、冷えの改善につながるだけでなく、リラックス効果もあるのでストレス緩和にも役立ちます。毎日の骨盤底筋トレーニングの習慣をつけることもとても重要です。

頻尿はデリケートな問題であるため、つい自分の中で抱え込んでしまいがちです。しかし、間質性膀胱炎などの病気を合併していることもあるため、不安を感じる方は一度医療機関に相談してみてもよいでしょう。

この病気・症状の初診に向いている科 泌尿器科

今すぐ読みたい