妊活の実施方法(5)妊娠したいならまずは生理不順を改善!

更新日:2016/12/15 公開日:2015/09/28

正しい妊活の実施方法

「生理が来ない」「毎回ばらばらで、次にいつ来るのかわからない」など、多くの女性が悩んでいる生理不順。妊娠にも影響してくるので、早めに改善することが大切です。ドクター監修のもと、生理不順を改善する方法について解説します。

ヘルスケア大学参画ドクター

この記事の監修ドクター


ヘルスケア大学参画ドクター

日本人女性のおよそ50%が悩みを抱えているといわれるほど、生理不順は多くの女性が悩む問題です。不妊につながる可能性もあるため、早めに対処しましょう。生理不順と不妊の関係と、改善するためのポイントについて解説します。

生理不順だと妊娠しにくいのはなぜ?

一般的に、正常な生理周期(月経のサイクル)は、25~38日とされています。38日より長い場合は「稀発(きはつ)月経」、25日より短い場合は「頻発月経」と呼ばれ、どちらも生理不順になります。

生理不順が不妊につながるとされる理由は、その原因に関係します。生理不順は、生活習慣の乱れやストレスによるホルモンバランスの崩れによっても起こりますが無排卵、子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人科疾患が原因となり起こります。これらを放置すると、妊娠しにくくなったり、不妊になる可能性が高くなるのです。また、妊娠する近道は排卵期に合わせて性交渉を行うことですが、生理不順では排卵日の予測がしづらくなるため、妊娠の確率が下がるのも自明のことと言えます。

しかし、たとえ生理不順だったとしても「無排卵月経」でなければ妊娠しにくいだけで、できないわけではありません。無排卵月経の場合は、妊娠は不可能です。基礎体温を3ヶ月程度測定し、無排卵のようならば、早期に婦人科を受診しましょう。

※生理不順について、より詳しい内容は下記をご覧ください。

『妊娠したい人の基礎知識(9)生理不順と妊娠力の関係』

『妊娠したい人の基礎知識(10)生理不順の原因』

『妊娠したい人の基礎知識(11)無排卵月経(生理)とは』

生理不順を改善するには?

生理不順を改善する主なポイントは、以下の3つです。見直すことで、改善の一助としましょう。

ストレスの解消

「生理はストレスのバロメーター」ともいわれるほど、生理不順の大きな原因はストレスと考えられています。それは、ストレスがホルモンの分泌・バランスコントロールを行っている脳の視床下部に大きな影響を与えるためです。ストレスを感知した視床下部は、受けたダメージから体を守ることを優先し、ホルモン分泌の指令をおろそかにしてしまうのです。ストレスにより生理不順や無排卵が起こるのは、このためといわれています。

ストレスを溜めないためには、ウォーキングやヨガ、軽いストレッチなどの適度な有酸素運動が効果的です。運動はストレス解消だけでなく、血流を整える点でも、生理不順の改善におすすめと言えます。また、アロマテラピーや瞑想などのリラックス法で、心を癒やし、自律神経のうち副交感神経優位な時間をつくることもひとつの方法です。

また、ストレスに負けない体をつくることも大切です。ストレスを完全になくしたり予防するのは不可能なので、ストレス耐性をつくる努力も行いましょう。

※ストレスに負けない体づくりについては、『妊活の実施方法(1)妊娠しやすい体づくり』をご覧ください。

食生活の改善

栄養バランスの悪い食事では、ホルモンバランスが乱れやすくなります。塩分や食品添加物、動物性食品の過剰摂取は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の大量分泌を招くことから、生理不順や卵巣機能低下の原因になるとされています。肉、魚、野菜などをバランスよく摂り、ファストフードやコンビニ食、スナック菓子などはできるだけ控えるよう心がけましょう。

生理不順の改善によいとされる栄養素には、ビタミンE、B群、鉄分、カルシウムなどがあります。具体的には玄米、豆類、ナッツ類などの種子食品や、味噌、漬物、納豆などの発酵食品、サバ、さんまなどの青魚などには、ホルモンバランスを整える作用があるといわれています。積極的に摂取しましょう。甘いものは血流を滞らせる原因となるので、できるだけ控えましょう。

また、毎日3食、同じ時間に規則正しく食べることも大切です。規則正しい生活リズムは、体内時計を整えるために必要な条件となります。体内時計の乱れは体内機能の乱れにつながるので、こちらも意識しましょう。

十分な時間と質のよい睡眠

十分な睡眠時間を確保することも大切です。できれば、自律神経の整えに有効とされる22~2時に睡眠をとるようにしましょう。難しい場合でも、十分な時間はもちろん、睡眠の質を高めるよう心がけてください。寝る前のテレビ鑑賞やパソコン、スマートフォンの操作は、睡眠の質を下げるので控えましょう。食事も、就寝2時間前までに終わらせることをおすすめします。

また、睡眠も食事と同じで、早寝早起き、毎日同じ時間の就寝など、規則正しいリズムが体内時計を整えるのに重要となります。特に、起きたときに朝日をあびることが大切となるので、昼夜逆転の生活は絶対にしないよう心がけましょう。

※体内時計と体内機能の関係について、詳しくは『妊活の実施方法(1)妊娠しやすい体づくり』をご覧ください。

冷えの解消

多くの女性を悩ませる冷えも、生理不順の大きな原因となります。冷えは体内の血流を滞らせる原因となりますが、血流が悪くなると卵巣機能が低下するうえ、内臓や子宮の冷えにもつながります。生理不順はもちろん、生理痛の原因にもなるため、体を温める食べ物を意識的に摂る、体を冷やす飲食物の摂取や砂糖の使用は控える、湯船に浸かって体を芯から温めるなど、体を冷やさない工夫をしましょう。

体を温める食材には、生姜、かぼちゃ、玉ねぎ、ニンジン、リンゴ、紅茶、ほうじ茶、黒砂糖、玄米などがあります。逆に冷やす食材には、トマト、レタス、きゅうり、バナナ、レモン、コーヒー、緑茶、白砂糖、化学調味料などがあります。献立を考える参考としてください。体を冷やす食材は、なるべく加熱して食べることをおすすめします。

生活習慣を見直して半年~1年経っても生理不順が改善しない場合は、婦人科系の病気が原因となっている可能性もあるので、病院を受診してください。妊娠を視野に入れている場合は、同時に卵巣や子宮の状態をチェックしてもらうこともおすすめします。

※生理不順を引き起こす病気については、『妊娠したい人の基礎知識(10)生理不順の原因』をご覧ください。

この病気・症状の初診に向いている科 産婦人科