汗が原因?コリン性蕁麻疹の症状と原因、治療について

更新日:2017/12/11 公開日:2015/09/28

蕁麻疹の症状と対処法

自分の汗が原因で起こるという「コリン性蕁麻疹」。「コリン性」とはいったいどういう意味で、どのような状態の時に蕁麻疹が起こるのでしょうか。原因や症状、治療方法について、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

「コリン性蕁麻疹」とは蕁麻疹の種類のひとつです。どのような原因で、どんな症状が起こるのか、詳しくみてみましょう。

コリン性蕁麻疹とは

体温が上がって汗をかくことでその部位に現れる蕁麻疹のことを、コリン性蕁麻疹と呼びます。

原因

コリン性蕁麻疹の発生メカニズムはまだ明確にはわかっていませんが、ひとつには発汗を司るアセチルコリンという化学物質の関与があると考えられています。

また、自分の汗に含まれる成分によってアレルギーを起こす汗アレルギーの関与も指摘されています。

それぞれ、それらが刺激となって、皮膚の血管周辺にある肥満細胞(マスト細胞)を刺激してヒスタミンなどのかゆみを促す物質を放出させます。これが血管を拡張させることで、血液中の水分が血管の外に漏れ出し、赤みのある膨疹が生じるのです。

症状が出る場面の例

  • 運動をして汗をかいたとき
  • 入浴して体が温まり汗をかいたとき
  • 精神的な緊張によって汗をかいたとき
  • 熱いもの、からいものを摂取したとき など

そのほか、夏季に悪化しやすい、夜間には出にくい、10~20歳代に多いといった特徴もあります。

症状

1~5mm程度の小さな膨疹が特徴。これが増大して小さな膨疹がいくつも融合し、地図状の大きな赤い膨らみになることもあります。

激しいかゆみのほか、ピリピリとした感じをともなうこともあります。また、手の平、足の裏にはできないといった特徴も。

コリン性蕁麻疹の対処法

コリン性蕁麻疹が出たときの対処法や医療機関での治療法について紹介します。

日常生活での対処法

  • かきむしると皮膚が傷つくため、冷やしてかゆみを緩和させるなどの工夫をする
  • 入浴によって頻繁に発症する場合は、ぬるいシャワーをさっと浴びるなど体温を高めないよう配慮する
  • からい食べ物や熱い飲み物、アルコールなどは蕁麻疹を誘発するため、蕁麻疹が出ている時には避ける
  • 汗アレルギーが原因の場合は、汗をかいたらこまめに拭き取る、吸汗パッドや吸湿性のいい下着を使う、制汗剤を使うなどの工夫をする
  • 精神的なストレスが蕁麻疹を誘発することもあるため、リラックスをしてゆっくり休息を取る
  • 規則正しい生活リズム、休息と睡眠をしっかり取る、バランスのいい食生活といった生活環境を整えることで免疫力を正常に働かせる

医療機関での治療法

蕁麻疹の症状を緩和するために、ヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬(内服薬や外用薬)、抗アレルギー薬(内服薬)を処方し、蕁麻疹の症状を緩和します。

また、汗アレルギーが原因の場合は、アレルゲンとなる汗を低濃度・少量から触れさせて徐々に量を増やし、汗に対する過敏性を抑えていく減感作療法がとられることもあります。

体が温まって汗をかくということ自体は日常生活を送るうえで避けられないこと。一度コリン性蕁麻疹が出た人は、再び蕁麻疹がでるかもしれないということをよく理解したうえで、どうすれば症状が軽く済むかを自分でもいろいろ試しながら、気長に付き合っていくことが大切です。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

今すぐ読みたい

関連記事

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!