歯のホワイトニングとは?安全性や方法・自宅でできるやり方

更新日:2017/08/02 公開日:2015/09/30

ホワイトニングの基礎知識

歯のホワイトニングとは、どのようなものなのでしょうか。歯のマニキュアから歯科医院で受ける治療まで歯を白くするメカニズム、そして安全性についてまで、気になるあれこれを、ドクター監修の記事にて詳しくお伝えします。

ホワイトニングとは、「歯を溶かす」「歯の神経を傷付ける」などと誤解していませんか。ここでは、ホワイトニングの種類やメカニズム、ホワイトニングの歴史などについて見てみましょう。

歯のホワイトニングを自宅で手軽にする方法

自宅でできるホワイトニング方法をご紹介します。

市販のホワイトニング歯磨き粉

ホワイトニング歯磨き粉の主な働きは、研磨剤によって歯の表面を削り、着色部分を除去することで白くするというものです。そのため、歯の本来の色を白くする効果はありません。また、粗い研磨剤が配合された歯磨き粉を使用して強めにブラッシングをくり返すと、エナメル質が薄くなり、知覚過敏の原因になることもあるため、使用には注意が必要です。

※市販のホワイトニング歯磨き粉の賢い使い方は、『市販のホワイトニング歯磨き粉で白くなる?』をご覧ください。

歯のマニキュア

爪のマニキュアと同様、白色の専用塗料を歯の表面に塗布する方法です。差し歯や銀歯、神経を抜くなどして濃い色に変色した歯など、一般的なホワイトニングでは、白くすることができないといわれる歯でも白くできることがメリットです。

自分でで行う場合、ドラッグストアなどで販売されている歯のマニキュアを購入し、自分で歯に塗布します。いつでも手軽にできるなどのメリットがある反面、持続期間は基本的にその日一日と短いなどのデメリットもあります。

※歯のマニキュアについては、『差し歯、銀歯を白くできる!歯のマニキュアとは』をご覧ください。

歯科医院で行うホワイトニング

ホワイトニングには、歯科医院にてホワイトニング剤を塗布して光を当てる「オフィスホワイトニング」と、自宅にてホワイトニング剤を塗布したマウスピースを数時間に渡り装着する「ホームホワイトニング」、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する「デュアルホワイトニング」があります。

ホワイトニング剤の成分は過酸化水素や過酸化尿素

一般的に、オフィスホワイトニング剤には過酸化水素、ホームホワイトニングでは過酸化尿素が使われています。

過酸化水素は強い漂白作用を持ち、以前は食品やコーヒーフィルターなどの漂白に用いられていましたが、マウスによるがんの報告があってから日本では、数の子の加工に使用する以外は使用が禁止されています。ただし、その後の研究では、発がん性は認められず、ホワイトニングによる発がんの証拠はないという研究結果も発表されています。

過酸化水素は1時間ほどの短時間で施術できますが、逆に過酸化尿素は穏やかな効果が持続する特徴があります。

ホワイトニングの種類(1) オフィスホワイトニング

歯科医院で行う歯のホワイトニングのことを「オフィスホワイトニング」と呼びます。

オフィスホワイトニングでは、過酸化水素(濃度30~35%程度)を含むホワイトニング剤を歯に塗布し、LEDやレーザーなどの光を当てて熱を加えることで、過酸化水素が酸素と水に分解。この時に発生した酸素がエナメル質内部の色素を分解し漂白します。

ホワイトニングの種類(2) ホームホワイトニング

自宅で行う歯のホワイトニングのことを「ホームホワイトニング」と呼びます。

専用のマウスピースの中にホワイトニング剤を入れ、家で毎日、最大2時間装着(夜間の就寝中に装着するタイプもあります)を2週間程度続けることが基本といわれています。歯科医院でマウスピースを作ってもらい、専門家の指導のもとで行う事をおすすめします。

ホームホワイトニングでは、過酸化尿素を含むホワイトニング剤を使用します。過酸化尿素は自然分解して、過酸化水素と尿素に分かれ、過酸化水素が前述のような漂白作用をゆったりともたらします。

ホワイトニングの種類(3) デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法を「デュアルホワイトニング」と呼びます。まずは、歯科医院でオフィスホワイトニングを行い、その後(24時間以上経ってから)、自宅でのホームホワイトニングを実施。それぞれの長所を活かしながら、より効果的にホワイトニングを行っていきます。

それぞれの方法に、メリット・デメリットがあります。メリット・デメリットをよく理解し、自分の目的(いつまでに白くしたいかなど)やライフスタイル(毎日2時間の装着が可能かなど)に合わせ、もっとも最適なのはどの方法か、よく検討してみましょう。

※ホワイトニングのメリット・デメリットについては、『ホワイトニングの種類とメリット・デメリット』をご覧ください。

さらにマスキング効果で歯を白く見せる

エナメル層を漂白しただけでは、歯は白く見えません。その理由は、歯の色はエナメル層の内側にある象牙質(黄色みがかっている)の色が透けて見えることで決まるからです。日本人はこの象牙質の黄色みが強い傾向にあり、また、エナメル層がすり減ると象牙質の黄色みが透けて見えやすくなります。

そこで大切になるのは、過酸化水素が分解してできる酸素による「マスキング効果」です。エナメル層は無数の小柱が束になってできていますが、酸素はこの小柱の構造を角状から球状に変化させます。これをマスキング効果と呼びます。

小柱が角状だと光が通過しやすく、象牙質の色が透けて見えて歯は白く見えません。ところが、球状になると光が乱反射し、象牙質の色を覆い隠して、歯が白く見えるというわけです。これは、すりガラスが白く見えるのと同じ原理です。

ホワイトニングの安全性

「高濃度の薬剤は歯を溶かす」というのは、間違った認識です。pH5.5を下回る飲食物は歯のカルシウムを溶かす「脱灰」を起こしますが、口の中のpHが中性に戻ると唾液中のカルシウムが歯の表面に吸着する「再石灰化」が起こり、ホワイトニングや飲食物によって歯が溶けることはありません。

アメリカのFDAが認可(または日本の厚生労働省が認可)したホワイトニング剤を使い、歯科医院による施術や指導によって正しく行えば、ホワイトニングは決して危険なものではないのです。

ホワイトニングの効果を保つために

せっかくホワイトニングをしたのに、その後すぐに歯の色が元に戻ってしまったというケースを聞きますが、それはメンテナンスの方法に原因があるかもしれません。ここでは、後戻り防止のためのホワイトニング後のメンテナンス方法についてご紹介します。

ホワイトニング後24時間の再着色

ホワイトニング終了から24時間以内は、着色しやすいといわれるタバコ、コーヒーや紅茶、日本茶、ワイン、着色料が含まれるケチャップやソースなどの調味料は避けましょう。

普段の生活の中での自然な後戻り

食後のブラッシングをかかさないことはもちろんですが、この時に着色を防ぐ歯磨き粉を使用するのも効果的です。

日本では、ホワイトニング剤と同様の成分(過酸化水素や過酸化尿素)が含まれた歯磨き粉の販売は認められていません。しかし、それ以外の科学的に色素を分解する作用がある成分が含まれた歯磨き粉はあります。

また、自分では、落とし切れない歯の表面に付着する汚れを、歯科にて定期的にクリーニングしてもらうのもおすすめです。最近は、専門家(歯科医や歯科衛生士)による歯のクリーニングのことをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といいます。

※ホワイトニング後のメンテナンス方法やメカニズムについては、『後戻り防止のために!ホワイトニング後のメンテナンス方法とは』をご覧ください。

この病気・症状の初診に向いている科 歯科

あなたの悩み、歯科医に質問してみませんか?

今すぐ読みたい

関連Q&A