痔の症状が出たら何科を受診する?

更新日:2017/09/14 公開日:2015/10/30

痔の基礎知識

肛門周辺に痛みや腫れなどの違和感があったり、出血が見られたら、痔かもしれません。「もしかして痔かも?」と思った場合、何科を受診すればよいのでしょうか。ドクター監修のもと、痔を扱っている病院の選び方について解説します。

肛門部の痛みや腫れ、出血など、痔の症状が見られたら、病院の何科を受診すればよいのでしょうか。痔はデリケートな部位の病気のため、周りに相談しにくいものです。ここでは、痔を扱っている科と病院の探し方について解説します。

外科、できれば肛門科がよい

「痔」を専門的に扱っているのは、外科・消化器外科領域の一分野である「肛門科」です。肛門科は外科の中でも特殊で、専門知識と技術が必要ですが、肛門を専門としている医師の数はそれほど多くないのが現状です。そのため、薬を使った保存療法の場合は、外科の医師が痔の治療を行うこともあります。ただし、「痔ろう」などで手術が必要な場合は、肛門科で経験を積んだ専門的な知識のあるドクターに処置をしてもらうとよいでしょう。「痔ろう」について詳しくは、「痔の種類(3):痔ろう(あな痔)の原因と症状」で解説していますのでご覧ください。

出血が見られる場合、排便時の鮮血であれば、イボ痔や切れ痔のことが多いため、肛門科を受診しますが、鮮血ではなく、黒っぽい血が便についている場合は、胃や十二指腸などの潰瘍やがんの可能性もあるため、消化器内科や消化器外科を受診することをおすすめします。

妊娠中や出産後に発症した痔の場合は、まず今かかっている婦人科に相談してみてもよいでしょう。妊娠・出産で体質や体調が変化しているため、適切な治療やアドバイスを受けることができます。専門的な治療が必要と判断された場合は、肛門科の医師を紹介してもらえるでしょう。通院している病院に外科や肛門科があれば、治療を連携して行うことができます。

肛門科の探し方

近所に、肛門科を専門にした開業医院があったり、「肛門科」がある総合病院が見つかれば問題ありませんが、肛門科がなくても「肛門専門外来」があったり、「肛門専門医」の診察日が設定されている病院であれば、肛門を専門的に扱う医師がいると判断できます。わからない場合は、内科や婦人科など、かかりつけの医師に相談してみてもよいでしょう。症状によって、適切な病院を紹介してもらえます。

病院のホームページがあれば、受診する前に一度チェックしてみましょう。「肛門科」と「地域名(住んでいる場所や勤務先のエリアなど」をキーワードとして検索すれば、病院の候補が現れるはずです。肛門の専門医のホームページであれば、過去の手術件数や治療内容、治療方法などが詳しく載っていることもあります。また、ドクターの紹介や診察室の様子、診察の方法などが掲載されていることもあるので、女性のドクターを希望する場合や事前に診察の様子を知りたい場合などは参考になります。

「痔かもしれない」と思ったら、まず専門医のいる肛門科の受診をおすすめします。病院選びは、インターネットを活用したり、信頼できるかかりつけ医に相談するとよいでしょう。

この病気・症状の初診に向いている科 肛門外科

今すぐ読みたい