整形外科?脳神経外科?肩こりを治す病院の選び方

更新日:2017/09/14 公開日:2015/12/02

肩こりの治療

「肩こりって病院で治療できるの?」と疑問に思う方もいると思いますが、病院での検査や治療は可能です。では、肩こりを病院で治療したい場合、何科を受診すればよいのでしょうか。ここでは、受診可能な診療科や病院以外に治療可能な施設について、ドクター監修の記事で、詳しくお伝えします。

肩こりには、ほかの病気に関連して発症するケースもあるので、つらい肩こり、頭痛、手や腕の痛みやしびれ、口が開きにくいなどの場合は、病院での検査を受けたほうがよいでしょう。具体的に何科を受診すればよいのか、また、病院以外で肩こりを治療できる施設について以下で解説します。

肩こりの原因とは

肩こりとは、なんらかの原因で首筋から首の付け根、肩、背中にかけて痛みやコリ、張りなどの症状が起こるものです。頭痛や吐き気をともなう場合もあります。

肩こりの起きる原因としては、首や背中が緊張する姿勢を続けることや、猫背や前かがみといった姿勢の悪さ、運動不足、精神的なストレス、同じ姿勢を長時間とることなどがあげられます。ショルダーバッグも肩こりの原因になるといわれています。また、頚椎の病気や頭蓋内の病気、高血圧や目の病気、耳や鼻の病気などの症状のひとつとして、肩こりが現れる場合もあります。

肩こりは何科を受診するべき?

病院にかかる場合、整形外科や神経内科、脳神経外科などで肩こりやそれにともなう症状を詳しく検査することが可能です。それぞれの診療科の検査や治療の特徴について見ていきましょう。

整形外科

肩こりは、まず整形外科に行くとよいでしょう。

整形外科は、捻挫や骨折以外にも、筋肉、関節、神経系などの体を動かす時に使われる部位の異常についても診療範囲となっています。

整形外科では、問診や触診による診断や、X線(レントゲン)撮影による検査を行い、原因に合わせた治療が行われます。もし、さらに詳しい検査が必要であれば、整形外科の先生から他の科を紹介されるケースもあります。

治療法の詳細については、『肩こりの病院での治療法』をご参照ください。

神経内科

肩こりよりも、めまいやふらつき、手足の震え、しびれ、声が出ないなどの症状が気になる場合は、神経内科で診てもらうとよいでしょう。神経内科では、診察検査で筋肉や末梢神経、脳、せき髄に異常があるかどうかを調べます。症状の原因を調べ、脳の問題であれば、脳神経外科へ、筋肉、骨格の問題であれば整形外科へ、耳の問題であれば耳鼻科へと、専門の科へ紹介してもらい、それぞれの原因に合わせた専門的な治療が行われます。

脳神経外科

これまでと違う激しい肩こりや首の痛み、ひどい頭痛や嘔吐などの症状をともなう場合は、脳神経外科で診てもらうとよいでしょう。脳神経外科の場合、脳や背骨、せき髄についての検査、診断が行われ、脳、脊髄腫瘍や脳の血管系の疾患があった場合、手術などが行われます。

心療内科

気分が晴れない、何もする気が起きない、体がだるい、気が重いなどの症状がある場合は心療内科にかかりましょう。うつ病による肩こりも最近は増えています。うつ病症状が肩こりという場合も結構あります。

病院以外で肩こりを治療できる場所とは

病院以外でも、肩こりの治療ができる場所としては、以下のものがあります。

接骨院

柔道整復師法で認められている「柔道整復」「接骨院」「ほねつぎ」は、国家資格である柔道整復師が治療を行う施設です。検査・診断は行われません。事故やケガなどで生じた肩こりの場合は、こちらの受診をおすすめします。ただし、慢性的な肩こりなどの慢性疾患の治療の場合は、健康保険適用外になります。

鍼灸院

「鍼灸院」は、「はり師」「きゅう師」という国家資格を持つ施術者が、東洋医学に基づいた鍼灸治療を行う施設です。検査・診断は行われません。肩の張りによる痛みの軽減、肩こりの予防などの場合は、こちらの受診をおすすめします。鍼灸院の治療の場合、保険を適応した治療が可能ですが、医師の同意書または診断書が必要になります。なお、保険が適用可能な病名は、五十肩、頚腕症候群、頸椎捻挫後遺症、腰痛症、リウマチ、神経痛などです。

指圧・あん摩マッサージ

「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格を持つ施術者が、東洋療法による指圧・マッサージを行う施設です。関節の可動域を広げたり、筋力を増強したりして症状の改善を目指します。オーバーユースや姿勢の悪さが原因と思われる肩こりや、肩こりの予防などの場合は、こちらの受診をおすすめします。こちらも鍼灸院と同様に、保険を適応した治療には、医師の同意書や診断書が必要です。

そのほかの民間療法に属するもの

  • カイロプラクティス
  • 整体院
  • クイックマッサージやアロマサロン

これらは、日本の法律上、医療(医療類似行為・代替医療を含む)に属さない民間療法施術になり、施術者に公的な資格はありません(民間による資格を有する場合はあります)。そのため、保険はすべて適用外となります。肩の筋肉の張っている、全身の疲れを解消したい、リラックス・リフレッシュしたいという場合は、このような施設でもいいでしょう。

それぞれの病院の診療科や、病院以外の施設の特徴を把握したうえで、肩こりの状態やそのほかの症状の有無、通いやすさなど自分の状態と希望に合わせて選びましょう。

この病気・症状の初診に向いている科 整形外科

今すぐ読みたい