スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

コラーゲンとエラスチンの関係って?

更新日:2016/12/09 公開日:2015/12/16

皮膚の構造、その中にあるエラスチンとコラーゲンの関係、また、それらが減少してしまう原因やサプリメントの摂り方を知ることは、美しい肌づくりに欠かせません。

エラスチンとコラーゲンの関係

皮膚は、外側から順に表皮、真皮、皮下組織という層になっています。表皮は0.2mm程度のごく薄い膜で、主にバリア機能を果たしています。その下の真皮は平均すると2mmほどの厚さがあり、いわばクッションのような存在。真皮を構成する成分の大部分はコラーゲンです。コラーゲンは線維状のタンパク質で、ネットのように縦横に編まれています。そのジョイント部分に絡みつくようにあるのが、伸縮性と弾性に富んだエラスチンです。

このようにエラスチンとコラーゲンの組み合わせによって、肌の柔軟性と弾力性が保たれており、これらが減少してしまうと、真皮がゆるみ、肌表面にシワやたるみとなって現れます。そのため、サプリメントでも、エラスチンとコラーゲンが一緒に配合されている商品が目立ちます。

エラスチンやコラーゲンが減少する原因

真皮にはエラスチンやコラーゲンのほかに、それらのすき間を埋めるようにゼリー状のヒアルロン酸が存在し、水分を抱えこんで肌のうるおいを保っています。これら3つの物質を生成する線維芽細胞も真皮にあります。

エラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸は、20代半ば以降は減少してしまうのですが、原因は線維芽細胞の生成機能の衰えです。加齢や紫外線、ストレスなどによって量が増え、肌に蓄積された活性酸素が線維芽細胞を弱らせ、エラスチンなどを生成する機能を低下させるのです。対策としては、線維芽細胞の活性化があります。それには、悪影響を与える活性酸素を叩くのが一番。抗酸化作用のある物質を積極的に摂ることが効果的です。

抗酸化物質には、ビタミンA、C、Eや、アミノ酸化合物のペプチド、カロテノイドやポリフェノール、コエンザイムQ10などさまざまあります。バランスのよい食生活を送っていれば、ある程度の量を摂取できるはずですが、サプリメントを利用すれば手軽に摂取できるでしょう。特に、ビタミンCのような水溶性抗酸化物質は体内に蓄積できないので、定期的に、また、継続的に摂取するにはサプリメントが有効です。

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

カテゴリー