尋常性乾癬を発症しているときの日常生活の注意点

更新日:2016/12/09 公開日:2015/12/16

角化症

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)は発症してしまうと完治が難しい病気であり、原因も解明されていませんが、治療や日々の改善をすることで、症状がほぼ出ない状態にすることができます。ここでは、すぐに実践できる日常生活の注意点について紹介します。

乾癬(かんせん)は完治が難しいとされていますが、適切に対処することで症状をほぼ抑えることが可能です。

乾癬の一般的な治療方法

乾癬の治療はステロイドやビタミンD3といった塗り薬による治療が基本です。内服薬が処方される場合は、主にレチノイドやシクロスポリン、保険適応外ですがメソトレキサートが使われ、紫外線療法も行われています。こうした治療で効果が得られないときには、抗体療法という特定の抗原にだけ結合する抗体を主成分とした医薬品を用いた治療が行われます。

すぐに実践できる日常生活の注意点

皮膚に刺激を与えないようにする

皮膚に刺激を極力与えないように、ゆったりした形状で綿や絹などの素材でできた衣服を選ぶようにします。かゆみが強くなったとしても、なるべくかくのを避け、爪をこまめに切るようにしましょう。

食生活はバランスよく

極端に食事管理をする必要はありませんが、栄養バランスのよい食事をすることが大切です。肉類や脂肪分の多い高カロリーな食事やからい料理は、乾癬の症状を悪化させたり、かゆみを強めたりすることがあります。肉よりも魚を摂るようにし、あっさりとした食事が理想的です。

季節の過ごし方

乾癬の治療法として紫外線療法があるように、日光に当たることで症状が軽減されるため、夏は適度に日焼けをすることが望ましいです。しかしながら、急な日焼けはかえってかゆみが悪化することもあるので気をつけましょう。空気が乾燥する冬は、肌の乾燥から症状が悪化しやすいですので、こまめに保湿をするように心がけましょう。

お風呂の入り方

皮膚を清潔に保つために、毎日入浴することが望ましいです。ただし、お湯の温度が熱すぎると、皮膚の乾燥をまねくので、ぬるめのお湯で短時間の入浴が向いています。症状がでている箇所は石けんをよく泡立てて、ゴシゴシと擦り過ぎないようにします。

他の病気と乾癬の関係について

乾癬は糖尿病や高血圧症、通風などの生活習慣病や、リウマチ、腎炎や肝炎、虫歯や歯周病による歯性感染症などを患っている(患っていた)人は、乾癬になりやすい傾向があります。また、風邪や扁桃腺炎(へんとうせんえん)などの感染症は、症状を悪化させる原因になります。また、高血圧治療薬、抗生物質、消炎鎮痛剤などにより乾癬を発症することもあります。万が一発症してしまった場合には、安静にして悪化させないようにしましょう。

喫煙、飲酒、ストレスは乾癬によくないのか

喫煙や飲酒が乾癬に直接悪影響を及ぼすというデータはありません。しかし、喫煙によってのどを痛めて風邪をひきやすいですし、風邪に掛かると乾癬はひどくなります。飲酒によって体温が上がると、乾癬によるかゆみが増してしまうこともあります。

また、ストレスは、乾癬の悪化要因の一つとなります。ストレスを感じたらなるべく早く解消し、我慢しすぎないように過ごすとともに、熱中できる趣味を持つのがおすすめです。

この病気・症状の初診に向いている科 皮膚科

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!