マイコプラズマ感染症は出席停止になるのか?

更新日:2017/03/15

マイコプラズマ感染症の基礎知識

マイコプラズマ感染症にかかった際の出席停止措置について、ドクター監修の記事でお伝えします。学校保健安全法ではどのように定められているのか、また、感染の拡大を防ぐための対策についても知っておきましょう。

マイコプラズマ感染症は学校などで集団感染しやすい病気です。感染を拡げないために、定められている出席停止期間などを守らなければなりません。マイコプラズマ感染症の場合、どのような扱いになっているのか把握しておきましょう。

マイコプラズマとは

マイコプラズマ肺炎は、病原体であるマイコプラズマ・ニューモニエの感染によって生じる肺炎のことを指します。

通常、マイコプラズマ細菌は、潜伏期間が2~3週間といわれており、飛沫感染と接触感染が主な感染経路です。症状は、初期段階は咳や発熱、全身の倦怠感、頭痛など風邪(かぜ)に似た症状がみられ、場合によっては3~4週間、咳が続くことがあります。

マイコプラズマに感染した際の出席停止

文部科学省によると「学校は、児童生徒等が集団生活を営む場であり、感染症が発生した場合、大きな影響を及ぼすこととなる。感染症の流行を予防することは、教育の場・集団生活の場として望ましい学校環境を維持するとともに、児童生徒等が健康な状態で教育を受けるためにも重要である。」とされており、感染症の種類ごとに学校保健安全法で出席停止期間などが定められています。

学校保健安全法では、感染症は第一種・第二種・第三種に分けられています。コレラやペストのように治癒するまで出席停止とされているのが第一種となっており、インフルエンザやおたふく風邪(かぜ)などは病状により伝染のおそれがないと医師が認めた場合に登校できる第二種に指定されています。

マイコプラズマ感染症が分類されているのは、学校保健安全法において「飛沫感染が主体ではないが、放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症」と定義されている第三種です。マイコプラズマ感染症が学校で流行した際に、感染の拡大を防ぐために必要に応じて学校長が、学校医の意見を聞いて出席停止の措置をとることができます。

マイコプラズマ感染症が出席停止扱いになった場合には、症状により学校医やそのほかの医師によって感染のおそれがないと認められるまでは出席できません。

出席停止の対象となった児童は、たとえ症状が軽くても出席させないでください。マイコプラズマに感染したことを学校に報告し、医師の許可がおりるまでは自宅で安静にしていなければなりません。

マイコプラズマ感染症の場合、症状が急激にあらわれる急性期と呼ばれる時期に出席停止扱いとなりますが、全身の状態が落ち着いてくると登校可能とされることがほとんどです。

この「出席停止」は法律で定められているため、欠席扱いにはなりません。

欠席の手続きの仕方

マイコプラズマ感染症は、通常の欠席とは異なる出席停止扱いとなります。その手続きの進め方についてみていきます。

  1. 医師の診察により、マイコプラズマ感染症と判断され、学校への登校を停止するよう伝えられたら、学校にその旨について連絡します。
  2. 学校から、傷病証明書をもらい、担当医に該当箇所の記入を依頼します。なお、傷病証明書については医師の登校許可が下り、実際に登校を再開する日までに提出しましょう。

感染前の予防も重要

マイコプラズマ感染症は流行させない対策も重要ですが、感染しないための予防も必要です。

病原体であるマイコプラズマは飛沫感染と接触感染でうつります。特に気をつけたいのが飛沫感染です。咳やくしゃみによって、病原体がたくさん含まれた小さな水滴が周囲1mほどに飛び散ります。それを吸い込んでのどの粘膜から体内に入って感染してしまうのです。ですから、感染者からは1~2m以上離れておいたほうがよいでしょう。

また、感染者は飛沫感染を防ぐためにマスクを着用してください。周囲の人も同様にマスクを着けていれば、感染の可能性は低くなります。

なお、咳やくしゃみが出る場合には感染症の有無にかかわらずマスクをするのがマナーです。サージカルマスクか不織布マスクなどを着用する習慣をつけておきましょう。

また、感染症の予防には手洗いとうがいは欠かせません。さらに、身の周りを清潔に保つよう心がけ、栄養バランスのよい食事や十分な睡眠、体力づくりなど日頃から体調を整えておくことも大切です。

この病気・症状の初診に向いている科 内科