赤ちゃんの病気を予防!乳児期から受けられる予防接種一覧

更新日:2016/12/09 公開日:2016/03/25

乳幼児の予防接種の基礎知識

赤ちゃんを重篤な病気から守ってくれる予防接種はとても頼もしい存在です。0歳から接種できる予防接種の種類と予防できる病気、接種期間をまとめました。予防接種各種を詳しく説明したページへのリンクもあるのでご活用ください。

0歳の赤ちゃんから受けられる予防接種にはどんな種類があるのでしょうか。

1歳前から受けられる定期接種の予防接種

ヒブ

ヒブ感染症(細菌性髄膜炎と喉頭蓋炎/こうとうがいえん、肺炎、中耳炎、菌血症)を予防します。初回の接種時期により接種の間隔や回数が異なります。おすすめは、生後2か月から接種開始の計4回です。(4週間隔で3回、3回目から7か月以上あけ、1歳になったら4回目を接種)詳しくは 『ヒブ感染症の予防接種(ヒブワクチン)』 をご覧ください。

肺炎球菌

小児の肺炎球菌感染症(肺炎、細菌性髄膜炎、中耳炎、菌血症など)を予防します。初回の接種時期により接種の間隔や回数が異なります。おすすめは、生後2か月から接種開始の計4回です。(4週間隔で3回、1歳~1歳3か月で4回目を接種)詳しくは 『肺炎球菌感染症の予防接種(肺炎球菌ワクチン) 』 をご覧ください。

四種混合(三種混合、二種混合)

異なる種類のワクチンを一度に受けられる混合ワクチンです。接種時期が1期と2期に分かれます。

1期:四種混合(ジフテリア・破傷風・百日せき・ポリオ)を生後3か月から接種可能です。3~8週の間をあけて3回接種し、3回目の約1年後に4回目、計4回接種します。

2期:11歳から(通常は小学6年生)二種混合(ジフテリア・破傷風)を1回接種します。詳しくは 『四種混合・三種混合・二種混合予防接種(DTP-IV、DTP、DTワクチン)』 をご覧ください。

BCG

結核を予防します。生後11か月(1歳未満)までに1回接種します。5か月から7か月の間の接種がおすすめですが、結核患者の多い地域では早めの接種をすすめられることも。詳しくは 『結核の予防接種(BCG) 』 をご覧ください。

ポリオ(四種混合を接種すれば不要です)

小児まひ・急性灰白脊髄炎(きゅうせいかいはくずいえん)を予防します。生後3か月から接種可能、3~8週の間をあけて3回接種し、3回目の約1年後に4回目、計4回を接種します。詳しくは 『ポリオの予防接種(ポリオワクチン)』 をご覧ください。

1歳過ぎに受けられる定期接種の予防接種

MR

麻疹(はしか)・風疹を予防します。1歳と小学校入学前に2回接種します。地域で流行している場合は生後6か月から接種可能(任意接種・有料)になることもあります。詳しくは 『麻疹(ましん)・風疹(ふうしん)の予防接種(MRワクチン)』 をご覧ください。

水疱瘡(みずぼうそう)

水疱瘡を予防します。1歳から接種可能。約3か月の間をあけて2回目を接種、計2回です。詳しくは 『水疱瘡(みずぼうそう)の予防接種(水疱瘡ワクチン)』 をご覧ください。

日本脳炎

日本脳炎を予防します。接種時期が1期と2期に分かれます。

1期: 従来は3歳から接種開始の地域が多いです。そして1~4週の間をあけて2回目の接種、2回目から約1年の間をあけて3回目、計3回の接種です。最近では乳児期に罹患する方もいるため、生後6ヶ月からの接種開始を勧められるようになりました。詳細は「公益社団法人日本小児科学会」のサイトを参照ください。

2期:9歳から12歳の間に1回接種します。

詳しくは 『日本脳炎の予防接種(日本脳炎ワクチン)』 をご覧ください。

1歳前から受けられる任意接種の予防接種

ロタウイルス

ロタウイルス感染症(ロタウイルス胃腸炎と重い合併症)を予防します。ワクチンには2種類あり、回数と期限がそれぞれ少しずつ異なります。生後6週間から接種可能です。詳しくは 『ロタウイルス感染症の予防接種(ロタウイルスワクチン)』 をご覧ください。

B型肝炎

B型肝炎を予防します。おすすめは、生後2か月で1回目を接種、4週間以降に2回目、そして1回目から起算して20~24週間後、つまり生後7~8か月に3回目を接種するスケジュールです。詳しくは 『B型肝炎の予防接種(HBワクチン)』 をご覧ください。

インフルエンザ

インフルエンザを予防します。生後6か月以上から接種可能です。12歳までの子供は2回接種、13歳以上は1回の接種が多いです。原則として毎年接種が必要。詳しくは 『インフルエンザの予防接種(インフルエンザワクチン)』 をご覧ください。

1歳過ぎに受けられる任意接種の予防接種

おたふく風邪

おたふく風邪を予防します。また、1歳で接種すると無菌性髄膜炎の予防効果があります。おすすめは1歳になったらすぐ接種、2年以上経った3歳以降に2回目を接種するスケジュールです。詳しくは 『前兆がある?おたふく風邪(流行性耳下腺炎)の流行時期と予防法』 をご覧ください。

A型肝炎

A型肝炎を予防します。1歳から接種可能です。2~4週の間をあけて2回目を接種、その半年後あたりに3回目を接種します。詳しくは 『A型肝炎の予防接種(A型肝炎ワクチン)』 をご覧ください。

今すぐ読みたい

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!