デトックスで話題になっている断食とは?

更新日:2016/12/09 公開日:2016/03/28

デトックスについて

デトックスに効果的といわれる断食について、ドクター監修の記事で解説します。さまざまなメディアで、手軽に断食を始める方法が紹介されていますが、間違った認識のもとで行うと逆効果です。健康的に断食を行うポイントを理解しておきましょう。

デトックスに有効な断食のポイントをご紹介します。

デトックスに効果的な「断食」って何?

3日だけ断食するというデトックス法があります。この断食では、腸内環境を整えるために必要となる野菜ジュースや酵素ドリンクは飲んでよい、という点が特徴です。ほかにも、短期間で手軽に行うことのできる「プチ断食」や「ファスティング」と呼ばれるものがあります。

断食をする本来の目的は、毒素の溜まった細胞をきれいな細胞に入れ替えること。体内に有害物質がたまると脂肪に蓄積されやすいため、断食を行って脂肪を燃焼し、有害物質を便とともに排出するというわけです。しかし、断食をして脂肪を燃焼し、デトックスが始まるまでには時間がかかります。半日程度の断食では脂肪燃焼によるデトックスの効果は得られにくいと考えたほうがよいでしょう。

しかし、12時間以上の断食でオートファジーという細胞の異物、毒素などの分解が始まりますので、そういった意味では半日程度の断食でも有効といえます。

断食する場合には専門家の指導のもとで

断食は、無理して行ったり、間違った方法で取り組んだりすると、逆効果になる可能性があります。自己流で断食を行った結果、肌がボロボロになる、髪の毛が抜け落ちるといったケースも見られます。

しかし、胃腸を一時的に空(から)にする断食には、デトックス効果が期待できると考えられています。12時間〜数日だけでも胃腸を休ませると体によい影響を及ぼすことができる面もあるでしょう。短期間で体重を減少しやすいのも魅力的です。

どうしても断食をしたい人は、専門家の指導のもとで行ってください。専門家の指導を受けながら断食できる団体や、宿泊プランを用意しているホテルや施設もあります。

体のことを第一に考える

毒となる有害物質や老廃物を排出するデトックスは体にとって大切なことです。しかし、無理にデトックスを行って体調を崩してしまっては意味がありません。

特に、専門家の指導を受けないまま断食を1週間以上長期にわたって行うのは大変危険です。水だけしか口にしないような極端な長期の断食も、体を壊す恐れがあるのでやめましょう。栄養が不足した状態が続くと脂肪だけではなく筋肉を栄養に変えてしまいます。基礎代謝が悪くなるだけでなく、不健康にやせ衰えた体になったり、栄養が不足して貧血になったりすることもあります。

また、短期間のうちに断食をくり返す行為もやめてください。健康的に断食を行うためには、専門家によるスケジューリングが必須です。

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!