口腔リハビリテーションとは

更新日:2017/07/31 公開日:2016/04/21

口腔ケアの基礎知識

病気や障害、加齢などによって動きの低下した口の機能を回復させるためのリハビリ治療を「口腔リハビリテーション」と言います。ここではドクター監修のもと、その効果と具体的な内容について解説します。

口腔リハビリテーションについて、その目的や内容を解説します。

口腔リハビリテーションとは?

口腔リハビリテーションとは、病気、障害、加齢によって動きが低下した口の機能回復と、これ以上の悪化させないための予防が目的です。リハビリには症状に合わせた内容があり、食べ物が誤って肺に入ってしまう誤嚥(ごえん)に大きく関係する症状、食べ物などを飲み込みづらくなる嚥下(えんげ)障害、感覚低下、発語の不明瞭などに対して効果的です。

嚥下(えんげ)障害のサインって、どのようなもの?

嚥下障害とは、飲食物がのどから食道を経て胃へとスムーズに送ることができない症状を言います。通常、食事を行う際は、脳が食べ物の量や質感を判断し、どのように消化するのか指示を出し、体はその指示に従って食べ物を噛み砕き、飲み込みます。しかし、嚥下障害になるとこの指示がうまく伝わらず、舌を動かしたり、物を飲み込んだりすることが難しくなるのです。

嚥下障害は高齢者に多い障害ですが、体型や姿勢によって起きる可能性がある人もいます。特徴として、次のような人があげられます。

筋力が少なく、とてもやせている

痩せた体型で筋力が衰えていると上手く飲み込めなくなることがあります。

のどの筋力が衰え、喉仏が下がっている

ものを飲み込んだ後、喉仏がスッと持ち上がりにくくなると嚥下が起きやすくなります

首がしなやかに動かない

首に力が入り、筋肉が硬くなっていると、スムーズに飲み込むことができなくなります。寝たきりの状態が続いても首が固くなり、飲み込みが難しくなるのです。

のどの筋肉がつっぱっている

あご上がった状態でのどの筋肉がつっぱっていると、飲み込みにくくなります。猫背の姿勢は顔が前に出てあごが上がった状態になりやすいとされています。

嚥下障害については『誤嚥性肺炎(老人性肺炎)の死亡率と嚥下障害が起こる原因』でも詳しく解説しています。

口腔リハビリテーションで行う内容

口腔リハビリテーションの内容は「咀嚼」「嚥下」「感覚機能」「発語」などの目的に合わせて異なります。

咀嚼力の向上

よく噛むためには歯だけではなく、舌や頬の動きをスムーズにすることが重要です。舌を前後に出し入れする動作や、舌先で唇の周りをなぞるストレッチが効果的です。頬は、膨らませたりへこませたりするとよいでしょう。

嚥下の回復

通常、食べ物を飲み込むときは無意識に息を止めて、ものが気管へ入らないようにしています。嚥下力の回復には呼吸のコントロールが有効です。深呼吸して息をとめ、咳払いをしたり、腹式呼吸のトレーニングや嚥下体操を取り入れたりしてもいいでしょう。

嚥下体操の詳細は、『食べるための筋肉トレーニング「嚥下体操」とは?』を参照してください。

口の中の感覚機能の低下防止

歯ブラシを使って行います。ブラシ部分で歯茎、舌を軽く叩く、頬の内側は粘膜を傷つけないように歯ブラシの背の方で軽くなぞり、嚥下に関わる神経や筋肉を活性化することで誤嚥の予防に役立てます。

発語の改善

舌や唇の動きをよくして、発音訓練を行います。「パ、タ、カ、ラ」の4音で行うパタカラ体操については『食前の「パタカラ」が効果的!口腔体操とは』の記事で紹介しています。

口腔リハビリテーションは目的に応じてとり入れよう

口腔リハビリテーションで大切なのは、専門家の指導を受けることです。歯科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科を受診するとよいでしょう。

今すぐ読みたい

関連Q&A