1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

肌が炎症を起こしているときの対策

更新日:2016/12/09 公開日:2016/04/22

肌が炎症を起こしているときに必要な対策をお伝えします。

肌の炎症とは

肌の炎症とは皮膚炎のことで、湿疹と言うこともあります。肌が赤くなる、ブツブツができる、じくじくする、みずぶくれができる、カサつくといったかゆみをともなう皮膚の病気の総称のことです。

異物や細菌などが皮膚内に侵入してきたときなどに肌の免疫システムが働き、サイトカインの信号をきっかけに炎症が起こります。

かゆみは、炎症に伴い産生されるサイトカインの作用で生じます。また、皮膚炎になるとバリア機能が低下し、衣服や汗といった通常なら刺激にならないものが、刺激になってしまいます。

炎症が悪化するサイクル

皮膚炎になると軽い刺激にも敏感になるため、炎症が悪化しがちです。かゆみがあってひっかくとさらにひどくなってしまうでしょう。掻くことで炎症が悪化して、さらなるかゆみが生じる「炎症の悪化サイクル」に陥ります。

また、炎症は慢性化しやすいので注意が必要です。長期的な炎症の結果、表皮が厚くなって、皮膚がごわごわしたり、黒ずみが残ることがあるので気をつけてください。炎症の原因を取り除くだけでなく、掻いて刺激を与えないことが重要です。

炎症によるかゆみ対策

かゆみ対策で大切となるのは、かゆみを悪化させる原因を除去することです。炎症が起きているとかゆみが治らないので、抗炎症作用のあるステロイド外用薬を用いて炎症を抑える必要があります。

また、乾燥を防ぐために保湿剤を塗ります。かゆみを抑えるために抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬の内服も有効です。日常生活においては、かゆみを悪化させる恐れのあるストレスや発汗、熱いお風呂、飲酒、睡眠不足、刺激の強い香辛料などを避けるよう気をつけてください。

炎症の対処法

炎症を抑えるために、次のような対処が必要となります。

冷却

肌のかゆみをともなうときは、患部を冷やしましょう。この際、濡れタオルではなく、保冷材に薄いタオルを巻き、温度だけ下げることがポイントです。

化粧品

普段使うスキンケア用品などの刺激が強い可能性があるので、刺激の少ない敏感肌用に切り替えるとよいでしょう。炎症が強いとき、化粧水や乳液はしみることがあります。バームやオイルを塗るだけでも十分です。スキンケアでは、肌への刺激や摩擦にならないよう手で優しくぬるようにしてください。

皮膚科の受診

炎症がひどい場合には皮膚科で薬を処方してもらうとよいでしょう。炎症の原因を明らかにすることも再発予防のために大切です。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート