1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

拭き取り化粧水を使うことによるメリット

更新日:2016/12/16 公開日:2016/04/22

拭き取り化粧水を使うメリットと正しい使い方をご紹介します。

拭き取り化粧水で古い角質を拭き取る

化粧水にはいくつか種類がありますが、主な目的は洗顔後の肌にうるおいを与えて整えることで、水分と保湿成分を浸透させやすくするために使います。中でも拭き取り化粧水には、うるおいを与えるだけでなく、洗顔で落としきれなかった毛穴の汚れや古い角質を取り除く効果があります。

拭き取り化粧水はピーリング作用があるものもありますが、あくまで化粧水なのでその作用は穏やかです。

拭き取り化粧水を使うメリット

年齢を重ねると肌の新陳代謝が衰えるので、古い角質が残りやすくなります。これが、シミやカサつき、くすみの原因です。

そこで、拭き取り化粧水を使って古い角質や毛穴の汚れを取り除きます。ターンオーバーのリズムを整えて、バリア機能を正常化するのに役立つでしょう。

余分なものを取り除いてうるおいを与えることで肌がふっくらとし、毛穴が目立たなくなる効果も期待できます。さらには、その後に使う化粧水や美容液の浸透もよくなります。皮脂の分泌をコントロールしたいときにもおすすめです。

拭き取り化粧水には保湿効果や抗炎症作用をもったタイプもあるので、肌の調子に合わせて選ぶとよいでしょう。

拭き取り化粧水の正しい使い方

朝と夜の洗顔後に拭き取り化粧水をコットンに含ませて、顔全体をやさしく拭き取ります。その後、いつものように化粧水や美容液、クリームなどで肌を整えましょう。

拭き取る際に摩擦で肌を傷める恐れがあるため、コットンに含ませる化粧水の量は多めにしましょう。500円硬貨ほどの量が目安です。

肌が敏感になっているときは、拭き取り化粧水の使用は避けてください。日焼けした直後や顔を剃った後も同様です。

また、拭き取り化粧水はメイク落としとして使うことはできません。クレンジングでメイクをきちんと落とした後に、洗顔で汚れを洗い流してから、拭き取り化粧水を使いましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート