3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

陰部にしこりが!何が原因?

更新日:2016/12/09

陰部にしこりができたときに疑われる主な病気をご紹介します。

バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺とは、性的な興奮を得たときに分泌液を出すところです。バルトリン腺がつまって分泌液が皮膚の中にたまると、炎症が起きて赤みや腫れ、痛みが生じます。抗生剤を服用すると治ることがほとんどですが、まれに腫瘍を切開してたまった膿(うみ)を出すこともあります。腫瘍がくり返しできたり、大きくなりすぎたりした場合も、手術が行われる場合があります。

尖圭(せんけい)コンジローマ

ヒトパピローマウイルスの感染によってできる腫瘍で、性感染症の一種です。とがったイボ状の腫瘍ができるのが特徴で、腫瘍そのものにかゆみや痛みは生じません。しかし、腫瘍が膣内にできるため、分泌物の排出がスムーズにできず菌が繁殖しやすくなります。そのため、他の感染症を併発することも少なくありません。外科手術やレーザー手術、外用薬での治療を行うことで完治しますが、治りにくく再発しやすいのが特徴です。

外陰脂肪腫

外陰部などにできるやわらかい良性の腫瘍で、痛みはともないません。皮下脂肪の多いところにできる特徴があるため、汗腺や皮脂腺のつまりが原因と考えられています。気になる場合には、外科手術やレーザー治療によって除去することができます。

外陰がん

外陰部にできる腫瘍で、長引くかゆみや痛み、炎症が特徴です。閉経後に発症しやすく、悪化して潰瘍になることがあります。治療法は、がんの進行具合によって異なります。

毛嚢炎

毛根を包んでいる毛包(もうほう)という組織に、ブドウ球菌が感染して起こる皮膚病です。赤く盛り上がったブツブツができ、膿(うみ)をもつこともあります。皮膚表面に傷ができているとき、または、運動や生理などで下着の中が高温多湿になり、細菌が活発になると発症しやすい病気です。かゆみはほとんどなく、軽い痛みがある程度です。

早めの婦人科受診が大切

陰部にしこりができたときには、形成外科や皮膚科、婦人科で診断や治療が受けられます。女性特有の病気に詳しい婦人科を受診するとよいでしょう。デリケートゾーンの診察は恥ずかしいかもしれませんが、悪性腫瘍の可能性もあるため放置しないでください。女性の医師も多いので、診察を受けやすい病院を探しておくとよいでしょう。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート