1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

肌老化の原因(2)「皮膚の乾燥」

更新日:2016/12/09 公開日:2016/04/20

肌老化の原因のひとつである、皮膚の乾燥について解説します。

なぜ皮膚が乾燥するの?肌乾燥のメカニズムとは

皮膚は、「皮脂膜」と表皮細胞に含まれる「細胞間脂質(セラミド)」、血管からにじみ出るアミノ酸などから生成される「天然保湿因子(NMF=ナチュラル・モイスチャライジング・ファクター)」によって守られ、内部の水分が保持されます。しかし、この3つのいずれかが不足すると肌が十分な水分を保持することができなくなります。

皮脂分泌量の低下

20歳を過ぎた頃から起こる女性ホルモンの減少にともなって皮脂分泌量が低下すると、皮膚表面からの水分の蒸発を防ぐことができず、乾燥が起こります。

天然保湿因子・細胞間脂質の減少

天然保湿因子や細胞間脂質は肌のターンオーバーにともなって生成されますが、ストレスや食事、睡眠などの生活習慣や年齢によってターンオーバーに乱れが起こると、これらが十分につくられない状態になります。その結果、肌の保水力が落ち、弾力が失われます。また、外部刺激によって流出してしまうこともあります。

これらの乾燥要因がある場合には、肌のバリア機能も低下しているため、エアコンなどの外部環境によって簡単に肌の乾燥がすすんでしまいます。

皮膚が乾燥したら肌が老化する理由

ターンオーバーが乱れ、ハリの低下や小ジワの原因に

皮膚は、表皮の内側にある基底層の細胞増殖によって、新しく生まれ変わっていくターンーバーというはたらきがあります。しかし、皮膚が乾燥してしまうと、基底層での細胞の増殖が衰えてしまい、約1か月といわれるターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

はじめのうちは皮膚が薄くなりハリがなくなりますが、その状態が続くと、古くなった角質が落ちてくれなくなり、しだいに表皮が厚く硬く変化します。弾力性が失われるために細かい亀裂が入るのが「小ジワ」の原因です。この状態では皮膚のバリア機能も低下し、ますます外部の刺激を受けやすく、乾燥が進んでしまうという悪循環が起こります。

線維芽細胞の衰えがシワやたるみの原因に

また、真皮でコラーゲンやエラスチンを産み出している線維芽細胞は、乾燥によってはたらきが衰えます。コラーゲンやエラスチンが不足すると皮膚の弾力やハリが失われ、「シワ」や「たるみ」が起こる原因となります。

乾燥による肌老化を防ぐには

乾燥による肌老化を防ぐには、保湿を重視したスキンケアを行うことが大切です。水分を補給したあとは、クリームなどの油分で水分の蒸発を防ぎましょう。

また、肌が乾燥しているとバリア機能も低下していますので、こするなど肌に刺激を与えないように洗顔の際には注意します。さらに、古くなった角質が溜まってしまい厚くなっている場合には、角質ケアを行うと、保湿化粧品の効果が高まります。

このほかにも、食事からバリア機能を保つ「セラミド」やターンオーバーを整える「ビタミンA」などを補うことも有効です。

今すぐ読みたい

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート