やけどの跡を残さずに治すには

更新日:2016/12/09 公開日:2016/04/18

物理・化学的皮膚障害

皮膚の深い部分に達するやけどの場合、治ったあとに傷跡が残ってしまうことがあります。跡が残らないように予防する方法はあるのでしょうか? ここでは、ドクター監修のもと、跡が残りやすいやけどの特徴と予防法について解説します。

皮膚の真皮にまで達するやけどでは、治っていく過程で傷口が赤く盛り上がることがあります。たいていは数か月たつと沈静化し、白く平らな傷跡になりますが、中には赤く盛り上がった傷跡が残ってしまうこともあります。このような傷跡を肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)と言います。ここでは、やけど後にできる肥厚性瘢痕の原因や予防法について、詳しく解説します。

治りが遅いやけどは跡が残りやすい

肥厚性瘢痕は、治りが遅い傷ややけどに生じやすいといわれています。水ぶくれの底の真皮が白っぽくなる深達性(しんたつせい)II度熱傷では、治るまでに3~4週間以上を要します。やけどの場合、深達性II度熱傷以上の深さで肥厚性瘢痕が生じやすいと考えられます。浅いやけどでも、感染が起こったり、表面に貼り付いたガーゼなどで、再生した表皮が何度も剥がされたりした場合、肥厚性瘢痕になることがあります。また、唇や首、胸など、皮膚が動いたり、引っぱられたりする部分に負ったやけども、肥厚性瘢痕になりやすいといわれています。

薬や圧迫療法などで予防できる

肥厚性瘢痕を予防するには、やけどをできるだけ早く治すことが重要です。予防法には、以下のようなものがあります。やけどの状態に応じて、単独、もしくは、組み合わせて実施します。

・植皮

深達性II度熱傷以上の深いやけどでは、早期に皮膚を移植することで、やけどを早く治すことができます。しかし、肥厚性瘢痕になっても、治療によって白い平らな傷跡にすることはできるので、すべてのやけどで植皮をするわけではありません。やけどを負った部位などによって、植皮を行うかどうかが検討されます。

・感染の予防

浅いやけどでも、感染を起こしてしまうと肥厚性瘢痕になるリスクが高まります。壊死した皮膚組織をきちんと取り除いたうえ、やけど部分を清潔に保つ必要があります。

・薬物療法

抗炎症作用のあるステロイド外用薬や、ヘパリン類似物質を含む外用薬の塗布が、肥厚性瘢痕の予防に有効だとされています。ステロイド外用薬には軟膏やテープ剤などがありますが、テープ剤のほうが皮膚からのステロイドの吸収効率がよいため、より効果が高いと考えられます。

・圧迫療法

サポーターやスポンジパッド、包帯などで、傷口がふさがった傷跡を持続的に圧迫するのが、圧迫療法です。なぜ効果があるのかはわかっていませんが、圧迫療法は肥厚性瘢痕の予防・治療に効果があるとされています。予防のためには、やけどの傷跡ができたときから開始し、最短でも半年は続けることが推奨されます。

目立つ傷跡ができても治療する方法はある

いったん肥厚性瘢痕ができてしまっても、赤みや皮膚の盛り上がりを改善し、白い平らな傷跡にすることはできます。治療法には、予防にも用いられる薬物療法や圧迫療法のほか、レーザー治療や手術など、さまざまな方法があります。詳しくは、『赤く盛り上がった傷跡を消すには?』『傷跡を消すには、どんな薬が効果的?』をご覧ください。

今すぐ読みたい

公式アプリ

fem.
fem.

毎日1つ。ドクター監修の簡単ヘルスケア・ビューティー習慣!